毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.03.02

第7回

女子校マインドと相性の良い「3タイプの男」<後編>

アルテイシア

女子校マインドと相性の良い「3タイプの男」<後編>

2月9日に発売になった『オクテ女子のための恋愛基礎講座』には、自称「挙動不審のブス」だった著者のアルテイシアさんが、体を張って発見した恋愛テクニックが満載。

前回に引き続き、「女子校マインド」女子にぴったりの男性像に具体的に迫ります。

*  *  *

 女子校にもいろいろありますが、私はプロテスタント系の私立の女子校で中高時代を送りました。良妻賢母教育とは真逆の「女性も働いて社会に貢献しよう」的な教育方針で、校則もほとんどない自由な校風。モテヒエラルキーも存在せず、おのおのが好きなことに邁進(まいしん)しつつ共存している感じでした。

 我が母校は「処女率日本一」と噂されており、高校でも彼氏のいる子は数えるほどで、非処女は3%以下だった気がする。そして非処女と非モテも仲良しで、非処女が描いたペニスの絵を見て「ギャーキモー!!」と集団ヒステリー状態になっていた。あと教室に蜂が入ってきた時もテンションが上がって大変だった。

 そんな女だけの環境で思春期を過ごし、生徒会長も女なら副会長も女が当然の世界で育つと「男を立てる、男に媚びる」なんて理解不能だし、「人生の舵は自分が握る!」という人材ができあがる。そしていざ外の世界に漕ぎ出した時「なんじゃこりゃあ!!」と叫ぶのです。

 

女だけの楽園を出たら、そこには男社会が広がっていました。

 飲み会でお酌しないと「気がきかない」と言われる世界。「女のくせに」「女なんだから」と言われて「人」じゃなく「女」として扱われる世界。そこで私は「女らしくしなきゃ」と思うんじゃなく「駆逐してやる……!」とエレンのように瞳孔が開いた。

女子校マインド女子は男尊女卑アレルギーが体に染みついてます。それは今さら変わらないので、体質に合う男を探した方がいい。

 アレルギー判定の基準の1つは「おまえと呼ばれてムカつくか」

 女子校の同級生たちは「男におまえと呼ばれると『誰がおまえじゃ!』と胸ぐらをつかみたくなる」と言います。ヤリチンのモテテクに「『おまえ頭悪いな』とディスると女はキュンとして落ちる」がありますが、男尊女卑アレルギーの女子にそんなこと言おうものなら、肛門に爆竹をつめてパンパン鳴らされるのがオチです。

 

 そんなわけで、女子校マインド女子は「おまえと呼ばない男」や「お酌を求めない男」を探しましょう。世の中にはニッチな需要もあります。で、ニッチであればあるほど出会った時にマッチングしやすい。

 たとえば私は高校時代、暴力事件を起こしました。陰湿ないじめを繰り返す女がいて、「血祭りにしてやる」と思い、そいつを呼び出してボコボコに殴ったのです。当時「我が校始まって以来の事件です!」と大騒ぎになって大変でした……という話をすると9割の男は引くけど「いいなあ!」と目を輝かせる男が1割程度いて、その1割とはとっても相性が良い。

 数は少ないけど、そういう珍獣マニアも存在します。ちなみに夫にこの話をしたら「キミのパンチじゃ蚊も殺せないぞ、もっと軸足に体重を乗せて!」と格闘指導されました。

 女子校マインドの友人たちには珍獣系が多く、そのパートナーは3種類に分けられます。

 1つめは観客タイプ。超個性的で面白い女友達は「夫は最高の観客だ」と話してました。夫は彼女の話にいつも大笑いして「奥さんのお陰で毎日楽しい」と言ってくれるそう。妻も夫を笑わせることに手応えと満足を感じるらしく、WIN―WINな組み合わせと言えるでしょう。

 2つめは天然タイプ。世間ズレしてないマイペースな性格で、珍獣妻が何しようが「〇〇ちゃんて面白いよねー」と呑気に笑ってくれる夫。しかし夫自身は「知ってた? 豚足って豚の足なんだよ!」など斜め上の発言をして「だから豚足って言うんだろうがw」と妻を笑わせる。そんなオモロイ女とカワイイ男の組み合わせ。

 3つめは珍獣タイプ。我が夫はこれにあたります。「私も狂ってるが、あんたも相当狂ってるよな」と均衡がとれているため上手くいく組み合わせ。周りから「マニアックな相手が見つかってよかったね!」と寿(ことほ)がれつつ「変人夫婦」と呼ばれます。

 

 珍獣妻たちは「夫は面白さ重視で私を選んだみたい」「私と結婚したら人生面白いと思ったらしいよ」と言います。

 スタンド使い同士は引き合う法則のように、面白さ重視の者同士は引き合うらしい。スタンドを覚醒させるためにも、自分に蓋をするのはやめましょう。面白さはかけがえのない魅力なのだから、抑え込むなんてもったいない。面白くなりたくてもなれない人は多いのだから、コンプレックスに思う必要はありません。なにより面白い女は女受けするし、それは年をとっても減らない才能。ロングスパンで考えると、女受けする方が豊かで楽しい人生を送れます。ただし初対面でテンション高すぎると男はびっくりするので、そこだけは注意しましょう。ワーッと早口でしゃべらず、仁鶴トーク(落ち着いた口調でゆっくり話す)を心がけて。

 この原稿を書きながら、夫に「乳首がかゆいってバリバリ掻く女がいたらどう思う?」と聞いたら「面白い子だなと好感を抱く」との答え。「女のくせに」と眉をひそめたり「女らしくしろ」と説教しない男、女子校マインドを面白がってくれる男もいます。「そういう男って意外といるよね」「10人に1人か2人はいると思う」が珍獣妻たちの意見。皆さんも自分マニアを探すべく、人生の舵をとって前進してください!

*  *  *

※次回「オシャレ初心者が百倍美人になる方法<前編>」は3月5日(土)公開予定です。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

アルテイシア『オクテ女子のための恋愛基礎講座』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!