11月9日に公開されたばかりの映画「清須会議」。本能寺の変で織田信長が死亡したあと、清須に主要人物が集い後継者を決めた話し合いを題材に、三谷幸喜さんが自ら原作を書き下ろし、脚本・監督を務めた大作です。
構想40年(!)ともいわれる本作品を三谷さんはいかに小説にし、映画として撮ったのでしょうか――?

清須会議の最重要人物である秀吉を映画で演じた大泉洋さんと、小説の担当編集者に話を聞きました。
また、あまり知られていませんが、社内の力を結集してつくる新聞広告。一日で過去のものになってしまうはかないものですが、発売翌日から現在に至るまでを振り返ります。

そして、新聞広告にも一部掲載されている冒頭「織田信長断末魔のモノローグ」を特別に公開しました!

 

「清須会議」をもっと楽しむ! コンテンツ一覧

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍