ベッキーのゲス不倫に育休議員(当時)のもっとゲスな不倫、甘利前経済再生相の現金授受、そして今週は……と、年明けから大スクープ連発の「週刊文春」。
 その文春が今年元日に初の女性版「週刊文春 Woman」を発行しました。編集長を務めたのは入社16年目の井﨑彩さん(40)。井﨑さんは就職氷河期の1999年に大手商社、銀行、新聞社の内定を蹴って文藝春秋に入社。1959年の「週刊文春」創刊以来、臨時増刊号も含め初の女性編集長となりました。その「週刊文春 Woman」は瞬く間に完売し……、あれ? 順風満帆な人生?

井﨑 安心してください、挫折してますよ。

――ということなので、では「とにかく明るい井﨑さん」にお話を伺いましょう。

生来の人見知りを克服する秘儀がある?


井﨑 いえいえ、私、本当は明るくはないんですよ。人見知りだし、ネチネチしているし、そもそもは引きこもり系です。子どものころは友だちもあまりいなくて、図書室に籠っているタイプ。小学校低学年の頃は伝記全集を片っ端から読んでいて、しまいには天皇家の系図を覚えては姉を相手に暗誦してみせたりしていました。小学校3年で山中恒さん(児童文学作家)の「ぼくがぼくであること」「サムライの子」を読んだのをきっかけに物語に目覚め、6年生のときの愛読書は谷崎潤一郎でした。

――ちょっと早熟な文学少女だったんですね。だから文藝春秋に?

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定