毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2013.11.16

特集「清須会議」をもっと楽しむ!

時間とともに変わる新聞広告の強調点

幻冬舎 編集部

時間とともに変わる新聞広告の強調点

新聞広告とは、「面白さ」を凝縮させた本のダイジェスト。『清須会議』は2012年6月27日の単行本発売から2013年7月26日の文庫版発売を経て現在までどう変わったのか? 担当者編集者菊地のポイント解説付きです。

 

① 単行本発売直後

「清須会議」の歴史上の意味、小説の内容・面白さを伝えるのはもちろん「三谷幸喜さんが書き下ろし小説を書いた」ということも、強調したいことのひとつでした。

 

② 文庫化後

こちらは完全に「映画化」押しです。映画のポスタービジュアルを使っているのですが、ポイントは各役者の写真に役名を入れたところです。社長のアイデアでした。

 

③ 映画公開直前

途中から信長のモノローグの抜粋が長くなりました。この部分を読むだけで、この小説の特徴、面白さがかなり伝わると思います。また、会議の出席者をより具体的に紹介しました。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!