毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2013.11.16

特集「清須会議」をもっと楽しむ!

時間とともに変わる新聞広告の強調点

幻冬舎 編集部

時間とともに変わる新聞広告の強調点

新聞広告とは、「面白さ」を凝縮させた本のダイジェスト。『清須会議』は2012年6月27日の単行本発売から2013年7月26日の文庫版発売を経て現在までどう変わったのか? 担当者編集者菊地のポイント解説付きです。

 

① 単行本発売直後

「清須会議」の歴史上の意味、小説の内容・面白さを伝えるのはもちろん「三谷幸喜さんが書き下ろし小説を書いた」ということも、強調したいことのひとつでした。

 

② 文庫化後

こちらは完全に「映画化」押しです。映画のポスタービジュアルを使っているのですが、ポイントは各役者の写真に役名を入れたところです。社長のアイデアでした。

 

③ 映画公開直前

途中から信長のモノローグの抜粋が長くなりました。この部分を読むだけで、この小説の特徴、面白さがかなり伝わると思います。また、会議の出席者をより具体的に紹介しました。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

 

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!