断食は始めたことで起きた、カラダの変化を微細に綴る本連載。断食も5日目となりました。いつも何かをやらねば、と追われたような気持ちで朝を過ごす尹さんが、ハタと気づいたことがありました。


病を元気に生きる

 断食5日目の朝、ゆっくりと目を覚ましました。窓から差し込む陽を感じながら気づいたのは、朝を堪能する経験が自分にはあまりないことでした。

 目が覚めてもすぐには起きず、そのまま布団にくるまりまどろみの時を過ごす。それを至福と感じる人がいることを知りつつも、そういう過ごし方が僕にはできません。

 目覚ましがなくとも「だいたいこの時間に起きよう」と思った時刻にパッと目が覚め、すぐさま起きて布団を畳み、歯を磨き、顔を洗う。それから部屋を雑巾掛けをし、豆をがりがり挽いてコーヒーを入れる。来る日も来る日も同じことを繰り返します。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

【この連載が電子書籍になりました!】尹雄大『断食で変わったぼくのカラダ』

希望小売価格:400円(税別)
→試し読み・電子書籍の購入はこちら(幻冬舎plus)
→電子書籍の購入はこちら(Amazon)

「寂しさ」を埋めるために食べすぎていたのかもしれない――。
そう気づいたのは、断食を始めてからだった。
食べることを控えた1週間で、「食べない不安」に振り回されるのではなく、その不安を客観的に見据えることができるようになった。
断食でどんどん変わる、食欲、睡眠、感情、行動……。
カラダの感覚が研ぎ澄まされていく過程と、満たされない感情の在り処を丁寧に探った稀有な記録。