日本で最初に戦争遺跡文化財に指定された、沖縄陸軍病院第二外科20号壕。リアリティを追求した展示内容に毎年、多くの人が見学に訪れる。この設立と文化財指定に奮闘した沖縄・南風原町(はえばるちょう)の男たちを追う——。


見学者が増え続ける沖縄ダークツーリズムの隠れたシンボル

南風原壕群20号 見学ツアーは約20分。一般300円、小中学生100円

人口3万7000人の小さな町に、年間2万5000人が訪れる平和学習施設がある。沖縄戦を今に伝える、沖縄陸軍病院20号壕とその隣地に建つ南風原町文化センターだ。飾り気のない、まじめ一本やりの地味な公共施設である。炎天地にもかかわらず、傍らにジュースの自動販売機すらない。あるのは、沖縄戦時、病院代わりに使われた湿った土の洞穴(壕)と、醤油樽を担ぐひめゆり学徒の人形や、貧相な木組みのベッド、薬品などが並ぶ展示空間である。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定