毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.02.16

第4回

「デニム」流行を映すアイテム

大草 直子

「デニム」流行を映すアイテム

人気スタイリスト大草直子さんの文庫最新刊『「おしゃれな人」はおしゃれになろうとする人』(2月9日発売)より、試し読みをお届けします。春に向けて、「おしゃれ心」を高めませんか。

「デニム」 流行を映すアイテム

 私にとって、デニムは制服のようなもの。1週間に5回は着てしまう。肌になじむその素材感も好きだし、着るごとに自分の体温となじんでいく風情も、シャネルのバッグやツイードのジャケットをきちんと「わたし風」にしてくれる表情もお気に入り。あ、ノーアイロンで着られる気楽さも! 付け加えますね。デニムは、私にとってこんなふうに、最大の味方であるのですが、それは、きっと私がいつも緊張感をもって、デニムとある一定の距離をとるようにしているからだと思います。「楽だから」と穿くことはないし、必ずジュエリーなのか、ブランドのバッグなのか、セクシーな靴なのかーーとコーディネートするように心がけているのです。
 だからこそ気をつけなくてはいけないこと。それは、「デニムの顔」。例えば、その素材の加工の技術、ダメージの入れ方、リベット(鋲)の位置や大きさや素材。そしてもちろんラインやステッチの入れ方。顔の「古い・新しい」は、「時代を語ってしまうもの」。だから、5年同じデニムを穿きつづけている人は、5年ファッションが進まない人に見えてしまう可能性もあるのです。
 ほとんどモードに興味のない私が、1年ごとにデニムを買い替えるのは、それが理由。そのシーズン流行しているブランド(西海岸のリラックスしたブランドなのか、イタリアのセクシーなラインなのかーーは意外と重要)、そしてシルエット(これは実は、そのときに流行っている靴のフォルムやトップのバランスで変わる)をアップデートすることで、他のアイテムが昨年からの持ち越しでも、着こなしがうんと新しく、そしてエキサイティングに見えるから不思議。
 もし、予算が限られているのであれば、バッグを新調するより、デニムの新作を!ーーとおすすめしています。そして「今」買うなら、太もものわたりがタイトすぎない、ストレート気味のデニムがBEST。ロールアップしても、裾をおろしてシンプルに穿いても、ブーツにINしてもバランスがいい、汎用性の高い1本です。
 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!