毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.01.30

第32回 お伊勢参り

いとうあさこ

第32回 お伊勢参り

 2016年も始まり今年もよき一年になりますように、アジアン馬場園と伊勢神宮に行ってまいりました。伊勢にはロケで何度も来ておりますが、プライベートで行くのは初めて。

 品川から新幹線で名古屋に出て近鉄で伊勢市駅へ。そこから更にバスで向かいます。もうちょっとした旅ですよねぇ。となると朝からワクワクが止まらない。ワクワクが止まらないとなると駅で売店に駆け込んじゃう。んでもって売店に駆け込んじゃうとなると……缶ビール買っちゃう。いや、お清めですよ、お清め。物は言いよう。お清めです。

 この日はお天気も本当によく、新幹線の窓から見える青い空とくっきりとした富士山はビールをより美味しくしてくれます。
 家を出て4時間。美しき金色(注:「こんじき」と読んでください)の酒で全身清めた私は気づくと伊勢の地に立っていた。
 あ、すいません。最近小説読み過ぎてそれっぽく書きたくなっちゃった。それはいいとして。
 よく考えたら伊勢神宮の参拝の仕方というか。外宮、内宮とかありますし。お恥ずかしながら全然知らず。本やらネットやらで調べると「こうしなさい」だの「これはなくてもいい」だの本当に様々なやり方が載っている。日帰りの為、時間の制約もあるので私たちは協議の結果、とりあえず内宮を目指す事にしました。

 その内宮に行く手前でバスを途中下車。猿田彦神社に寄る為です。ここは“みちひらき”の神様とのこと。自分が進むべき道が開かれていく感じがしていいですよね。しかもその境内には芸能の神様も祭られておりまして。そりゃあ女芸人2人、入念にお参りしていきますよ。ええ。

 そしてそこから歩くこと15分。伊勢神宮内宮の鳥居が見えてきました。
 なんでしょうね。空気が違う気がする。とにかくいい空気というか。ゆっくり深呼吸。「なんだかこの空気吸っただけで、体の中が清められるというか。不思議と落ち着くね」なんて話しながら歩いていると、前日の雨でビショビショになった砂利が人に蹴り上げられてやたらと履いているショートブーツの中に入ってくる。玉入れだったらこっちのチーム絶対勝ち的な位。何回靴脱いで小石を除いても次々に砂利が。ああ、イライラする。

 ……ハッ! 全然落ち着いてないじゃない、私。
 途中五十鈴川の御手洗場で手を清めてから一番奥の正宮へ。いろいろお願いしようとあれやこれや考えていたけど、いざお参りする時には結局この一言。
「よろしくお願いします」
 今年一年頑張りますのでどうぞよろしくお願いいたします、と。

 お参りを済ますとなんか本当にスッキリしちゃってね。体も軽くすら感じて。足取り軽く次に向かうところは、おはらい町です。伊勢神宮の鳥居前町として栄えたところで沿道の両側には無数のお店がひろがる素敵な場所。ここですることはただ一つ。飲み歩きです。だって伊勢神宮のお膝元でお酒いただいたら本当に清められるような気がしません?

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

No Name2016.7.14

じぶんが伊勢神宮に行った時には呑まなかったなぁ。いいなぁ、あさこさんと呑みたいなぁ。

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!