仕事の打合せでしばしば上京するが、ラーメンはめったに食べない。

 といって東京のラーメンが嫌いなわけではない。二十代なかばで万事に行き詰まって上京し、阿佐ヶ谷で居候生活を送っていた頃は、鶏ガラでダシをとった関東風の醤油ラーメンが好きだった。

 しかし最近の東京は、つけ麺や魚介系が幅をきかせて、昔ながらの醤油ラーメンを見かけない。探してまで食べるのは面倒だし、人気店の行列にならぶのはごめんである。一時の豚骨ブームは去ったようだが、醤油ラーメンよりも豚骨ラーメンのほうが多い気がする。

 北九州の住民にとってラーメンといえば豚骨だから、看板を見ると惹かれるものがある。けれども地元とは似ても似つかぬ味が大半で、食べるたびに後悔する。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

福澤徹三『ジューン・ブラッド』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『壊れるもの』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『再生ボタン』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『自分に適した仕事がないと思ったら読む本 落ちこぼれの就職・転職術』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


福澤徹三『もうブラック企業しか入れない 会社に殺されないための発想』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)