自分で選んで受けた企業から「内定出すから、他の会社の最終面接はいかないでくれるよね?」と言われたら、心が揺れ動くのは当然。でもどっちも受けて、本当に行きたい企業を選ぶというのは何が悪いのか? トラブルにならずにうまく対処する方法とは?

 

 2016年以後もオワハラは続く

 経団連は、前回のような採用方法に対して「オワハラだ」との指摘を受け、2016年度より再度新卒採用の日程を再度変更し、選考開始を6月からに繰り上げた。

 しかし、このような小手先のルール変更ではオワハラはなくならないだろう。

 そもそも、経団連加盟企業であっても指針を守らない企業は多い。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

今野晴貴『求人詐欺 内定後の落とし穴』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)