毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.01.02

すべて、唄から始まり、唄で終わります。

KBG84 山城ハル

すべて、唄から始まり、唄で終わります。

長寿で、健康で、いつも笑顔。――シンプルなようで、とても難しいこと。「元気に生きる秘訣」とは?最近話題の、平均年齢84歳のアイドルユニット「KBG84」。オバァたちの“命の知恵”が詰まった書籍『笑顔で花を咲かせましょう』を、試し読み!

神様を大切にしている。今日出来ることに感謝をしている。そして家族や仲間を思いやる。シンプルだけど、人生で何が大切なのかが、見えてきます!

第4回は生活とともにある唄について、オバァの目線で語ります。

*  *  *

 小浜島では、お正月もお祭りも、何をするにしても唄から始まり、唄で終わります。

 お祭りごとに、唄も決まっています。「小浜節(こはまぶし)」は、祭りでは最初に唄いますが、集会では最後に唄います。

 小浜節は、大岳や白浜といった小浜の自然を敬う唄ですが、ほかにも、小浜島の唄にはいろいろあります。

 島の唄を島のみんなが唄えるのは、お祭りがあるからでもありますが、みんなが畑仕事をしていたことも理由です。昔は、畑で共同作業をするときに、唄を唄いました。「ジラマ」という掛け合いの唄です。小浜島ではジラマといいますが、本島では「ユンタ」とかいいますね。「安里屋ユンタ」は有名な唄ですね。

 島では米や大豆、麦、サトウキビをたくさん作っていますが、昔は今のように機械はありませんでしたから、草取りや収穫はみんなで協力してやらなければいけませんでした。沖縄の言葉で、ユイマール(相互扶助)といいます。家を建てたり、道路を作ったりするのもユイマールです。

 こういう大変な作業をするときに、ジラマを唄うわけです。「エー、ヒヤサー、エーサッサー」って。

 唄は生活とともにあります。そして、唄は心を晴らしてくれます。

*  *  *

沖縄の民謡の中でもジラマ(ユンタ)は、労働のつらさを乗り越えるために自然発生的に生まれたといわれています。島のジラマを誰でも唄えるのは、それだけ労働が過酷だったからではないでしょうか。楽しく唄って乗り越えようという、沖縄の人の心を感じます。 

★がついた記事は無料会員限定

関連商品

KBG84(小浜島ばあちゃん合唱団)『笑顔で花を咲かせましょう ――歌って踊るオバァたちが紡いだ「命の知恵」』
→電子書籍はこちら
→書籍の予約・購入はこちら(Amazon)


KBG84『Come on and Dance 小浜島』(DVD付CD)
→CDの購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!