11月30日、マンガ家の水木しげるさんがお亡くなりになりました。哀しい気持ちは大きいですが、でも、水木さんならば、「あの世」でもまた楽しく暮していらっしゃるのではないかと思うのです。水木さんの作品、言葉は、目に見える小さな現実だけにとらわれないおおらかさが魅力でした。追悼の気持ちとともに、水木さんの至福の名言を『水木さんの迷言366日』から抜粋して大晦日まで毎日お届けします。

 

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

水木しげる著・大泉実成編『水木サンの迷言366日』
→書籍の購入はこちら(Amazon)