毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.12.31

第7回

ただ走る姿になぜ感動するのだろう。
読んでも泣ける「箱根駅伝 ナイン・ストーリーズ」

コグマ部長

ただ走る姿になぜ感動するのだろう。<br />読んでも泣ける「箱根駅伝 ナイン・ストーリーズ」

注目される選手もいれば、影で支える主務もいる

 忘年会は2次会まできっちり付き合うのがコグマのモットー。今夜はカラオケボックスにいる。

部下A「コグマ部長、いつもの入れてくださいよ~」
コグマ「いやいや、若い人で歌えよ」
部下B「いつものアレ、聴きたいっす!」
コグマ「え、マジか!? じゃあ、しょうがねえな、リクエストにお応えして、歌っちゃおうかな~」。

 お約束のやり取りの5分後にはいつもの歌を熱唱だ。義理でリクエストしてくれているのは分かっている。だって俺が歌い始めたら、トイレ行ったり、携帯チェックしたり、飲み物追加してんだもん。それにしても、これはいつ聴いて(歌って)もいいなあ。尾崎豊の「15の夜」だ。「ぬーすんだバイクで走り出す〜 行き先も解らぬまま」。この名曲はちょうどコグマが15歳の時にリリースされたんだよな。思えばコグマも47歳。15歳を3回やってもまだ2歳余るぞ。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!