毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2016.01.05

<領域国民国家システムの問題点>

難民問題が“先進国”に突きつけたもの

中田 考

難民問題が“先進国”に突きつけたもの

命がけの逃避行の前に立ちふさがる国境問題

 2015年の最大の事件は、9月初めにトルコ海岸に漂着した溺死したシリア難民の子供アイラン君の写真が世界の新聞その他のメディアで一斉に報じられたことによる「難民問題」の可視化です。

「難民問題」自体は、それ以前から存在しており、トルコの約200万人を中心にシリア難民だけでも400万人近くが周辺諸国の流出していました。それらの国には既にイラク難民、パレスチナ難民があふれていました。さらに遡るならアフガニスタンの内戦では1千万人に近い難民が発生し、隣国イラン、パキスタンは300~500万人のアフガン難民を抱えていました。

 ですから、「事件」は、「難民問題」ではなく、いわゆる「国際社会」、あるいは欧米における「難民問題」の「可視化」です。実は、アイラン君の写真が一挙に拡散したのには背景があります。

 2015年になって、悪徳業者によって定員をはるかに超える人数を詰め込まれた「難民船」がリビアやアフリカ諸国から地中海をわたってイタリアやギリシアなどヨーロッパに向かう途中で難破し、時には数百人にのぼる溺死者を出す事件が急増し問題となっていたのでした。それに加えてアメリカを中心とする有志連合の空爆開始がシリア情勢を悪化させたことにより、トルコを通って東欧からドイツ、北欧を目指すシリア難民が急増したのが、「難民問題」「可視化」の背景です。

 つまり「難民問題」とは、人間の移動を妨げようとする欧米の視点によるものであり、難民の立場からすると、戦乱を逃れての命がけの逃避行の前に国境が障壁として立ちふさがっていること、すなわち「国境問題」に他なりません。人類が平等であり、人間の移住が基本的人権であると信ずるなら、どちらの視点に立つべきかは、自明でしょう。
 

“国際秩序”の矛盾を見つめ直すとき

 西洋はこれまで、…

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中田考/島田裕巳『世界はこのままイスラーム化するのか』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

関連書籍

集中連載“言っておきたい!!2016”を電子版限定で書籍化!
→試し読み・幻冬舎plusでの購入はこちら(ポイント50%還元中!)
→Amazonでの購入はこちら

政治・経済から国際社会に裏社会、恋愛、アートや相対性理論まで、各分野で活躍中の総勢28名が執筆。本作品はTwitter、Facebookなどで多くの反響があったこれらの記事が、まとめて読める電子書籍です。
新しいニュースは日々起こり、時代は動いていきます。そんな中で、本質を射抜く言葉は、流されやすい私たちを支える大きな力となるはずです。日本が凝縮されたこれら28個の視点を、前に進むとき、考えるときの指針にしてください。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!