昨年までの自分にお別れ。新しい何かを足そう!

いさぎよく年が明けた。コグマが年男なのを知ってか知らずか、編集長から新年特別企画の原稿依頼を頂いた。どうせ正月をダラダラ過ごしてるんだろうから、仕事はじめにむけてテンションがあがる読書案内をしろというのだ。

思えば、確かにこの正月休みだけでなく去年1年間何もしないでダラダラ過ごしてしまった。それはまるで「何も足さない。何も引かない」でおなじみのウイスキー「山崎」ばりに何もしなかった(あ、別に今、面白いこと言ったって思ってないからね)。

そういえば去年は英語を勉強しようと思っていた。で、世界中の子供が夢中で読んでいるという「ハリポタ」の原書に挑戦。「わかりやすい単語でスラスラ」なんてネットのレビューにはあったからだ。舐めて読み始めたものの結局ハリーが魔法学校に入学する前にギブアップ。世界中の子供すげぇ。ハリーがはたして立派な魔法使いになれたのかはわからないままだ。

結局、「ハリポタ」の原書はあきらめて次に買ったのは「映画のセリフで覚える英会話」的なテキスト。これは面白そうだぞ。ふむふむ、「映画『ランボー』の名ゼリフから覚えよう」だって。「ランボー」はオレの好きな映画だ。全シリーズ観てるぞ。で、紹介されてる名ゼリフがこれ。「live for nothing or die for something, you call」(ムダに生きるか、何かのために死ぬか? 決めるのはお前だ)。スタローンがビンビンに張った弓矢で、目の前にいる男の鼻先を狙いながら言うんだけど、このフレーズ覚えてもいったいいつ使うんだよ!

まぁ、そんな昨年までの自分にお別れできて、新しい年に頑張れるような本を紹介していきましょう!

まずは…

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連連載

コグマ部長<この俺もようやく本気になれるぜ、ビジネス書>

関連書籍

集中連載“言っておきたい!!2016”を電子版限定で書籍化!
→試し読み・幻冬舎plusでの購入はこちら(ポイント50%還元中!)
→Amazonでの購入はこちら

政治・経済から国際社会に裏社会、恋愛、アートや相対性理論まで、各分野で活躍中の総勢28名が執筆。本作品はTwitter、Facebookなどで多くの反響があったこれらの記事が、まとめて読める電子書籍です。
新しいニュースは日々起こり、時代は動いていきます。そんな中で、本質を射抜く言葉は、流されやすい私たちを支える大きな力となるはずです。日本が凝縮されたこれら28個の視点を、前に進むとき、考えるときの指針にしてください。