不倫を非難していいのは当事者のパートナーだけ

 芸能人や政治家の不倫などが報道されると、世間はバッシングします。ネットを見渡してみても、これみよがしに叩いている人たちがいます。隠し子がいることなどが発覚すると、さらに非難します。

 こうした光景を見ると、僕はいつも悲しみに打ちひしがれます。批判している人たちは、影で泣いている愛人たちがいることを想像できないのでしょうか。紙切れ一枚で自分が特別だと思っている正妻の影で、現在の法律では十分に保護されない愛人たちが、健気にも愛を貫いてきたのです。将来の生活のためにと結婚した正妻たちと比べ、その愛はどこまでも純粋です。赤の他人が、彼女たちに悲しい思いをさせる権利はありません。また、こうした批判者たちは、子供がかわいそうだと言いますが、それは自分が気に食わない他者を攻撃するための口実でしかありません。

 奥さんや子供がいるにもかかわらず、若い愛人とも関係を持てるようなお父さんは、経済的にも豊かで、魅力的な男性に違いありません。そんな他人の家庭の子供の心配をする前に、まずは自分の心配をしたらどうでしょうか。非難する権利があるのは、当事者の彼の妻だけのはずです。

 いまイスラム国と多国籍軍との終わりなき戦争の間で、シリアでは何の罪もない子供たちが苦境に立っています。しかし、こうした結婚という紙切れ一枚にこだわっている人たちが、…

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連記事

羽田圭介 惜しみなく描かれる男がモテるための最新理論<本が読みたくなったら>

藤沢数希/はあちゅう 第1回 男は大勢にアプローチしないとたった一人とも付き合えない<『ぼくは愛を証明しようと思う』発売記念対談 「恋愛ってなんだろう?」>

藤沢数希 第1回 恋も愛もすべてはテクノロジーが勝利する。<ぼくは愛を証明しようと思う。>

藤沢数希の「恋愛工学」が小説に!『ぼくは愛を証明しようと思う。』の人気の理由<特設ページ>

関連書籍

藤沢数希『ぼくは愛を証明しようと思う。』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

関連書籍

集中連載“言っておきたい!!2016”を電子版限定で書籍化!
→試し読み・幻冬舎plusでの購入はこちら(ポイント50%還元中!)
→Amazonでの購入はこちら

政治・経済から国際社会に裏社会、恋愛、アートや相対性理論まで、各分野で活躍中の総勢28名が執筆。本作品はTwitter、Facebookなどで多くの反響があったこれらの記事が、まとめて読める電子書籍です。
新しいニュースは日々起こり、時代は動いていきます。そんな中で、本質を射抜く言葉は、流されやすい私たちを支える大きな力となるはずです。日本が凝縮されたこれら28個の視点を、前に進むとき、考えるときの指針にしてください。