毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.12.31

『最貧困女子』著者が断固として訴える

貧困問題をオワコン化するな!

鈴木 大介

貧困問題をオワコン化するな!

◆コメント取材も企画協力も断り続けた理由

 ルポライターとして、2000年代中盤から、子どもや女性の貧困問題、そして犯罪加害者など、社会の裏側にドロップアウトしてしまった人々の見えづらい貧困などをテーマに著作を出し続けるも、「もともと貧困問題に興味のある読者の資料本」にしかならず、増刷もかからず。僕の仕事は全然社会に届いていないという自戒を込めて、「貧困は自己責任などではない」のワンテーマに絞り込んで、より分かりやすく単純に、よりロジカルに書いたのが、2014年秋発行の拙著『最貧困女子』だった。

 その狙いが当たったのか、世相が貧困問題を無視できないターンに入ってしまったのかは分からないが、この出版不況の中で、拙著は増刷を重ねて8万人の人々に読んでもらうことができた。こうなると放っておかないのがマスメディア。毎週のようにコメント取材や企画協力の依頼が舞い込むことになるのだが、日に日に僕の中では違和感と苛立ちが膨らみ続けるのだった。

 なぜか? 取材対象者たちへの不利益になりかねないという理由で、もともと顔出しでのテレビ出演者や取材には応じない主義だし、「鈴木さんが取材した取材対象者を紹介してほしい」といった依頼にも、長期間の取材で信頼関係を結んだ取材対象者たちを「見世物」として消費されたくないという理由から断固お断りし続けてきたため、ほとんどの協力依頼を蹴飛ばしてきてはいる。だが、断る理由はそれだけでなく、依頼される企画の方針の多くに、どうにも納得いきかねるものがあったのだ。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連記事

鈴木大介/大和彩 「ないこと」にされてきた「若い女性の貧困」<対談〈最貧困女子〉と〈失職女子〉のリアル>

関連書籍

鈴木大介『最貧困女子』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

関連書籍

集中連載“言っておきたい!!2016”を電子版限定で書籍化!
→試し読み・幻冬舎plusでの購入はこちら(ポイント50%還元中!)
→Amazonでの購入はこちら

政治・経済から国際社会に裏社会、恋愛、アートや相対性理論まで、各分野で活躍中の総勢28名が執筆。本作品はTwitter、Facebookなどで多くの反響があったこれらの記事が、まとめて読める電子書籍です。
新しいニュースは日々起こり、時代は動いていきます。そんな中で、本質を射抜く言葉は、流されやすい私たちを支える大きな力となるはずです。日本が凝縮されたこれら28個の視点を、前に進むとき、考えるときの指針にしてください。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • その街では、死者も生き返る。
  • 体にも心にも体にも栄養を与える法。
  • 豊富なスナップ写真とともに初公開。
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
その街では、死者も生き返る。
体にも心にも体にも栄養を与える法。
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!