毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2016.01.03

2016年の男たちへ

私たち、あなたがハゲても絶対嫌いになんかならない。だから……

鈴木 涼美

私たち、あなたがハゲても絶対嫌いになんかならない。だから……

年の瀬にしゃぶしゃぶを囲むアラサー女子3人のタメイキ

 2015年、年末の輝かしい稼ぎどき、とあるチェーンのしゃぶしゃぶ屋さんの座敷には、堂々と仕事をサボったアラサーキャバ嬢のユイ姉さんと、一応エリートはエリートの女性弁護士マリコさんと、なんかひどい鼻風邪で化粧もしてない私と、完全に幸せ逃げてくよ〜レベルのタメイキが。いや、何かすごい事件が起きたというよりも、ホント年末ってタクシーとか捕まりにくくてうざくね? 寒いと背中痒くね? 着圧ストッキング乾燥機にかけたらマジできつくて入らなくね? みたいな細かいタメイキが蓄積して。

 シメまで我慢できずごはんをそれぞれ2 杯も食べた私たちは、食べ放題の頼みすぎた肉をとりあえず鍋のなかに放り込みながらタバコに火をつけたり鏡を覗き込んだり、19 〜20 歳の娘のようにうだうだと喋り続ける。12月に必ず風邪をこじらせる私は相変わらずのテレビっ子生活で、M-1でひいきのコンビが優勝したことを、なにげなく自慢した。

「コンプレックス、恐怖、だささ、これを笑いにってやっぱり人間の基本よ」

「要は自虐でしょう? 男が本当にハゲネタが好きなのには驚くけど。まぁそれって、女が気にしている以上に、男の人って本当にハゲることを恐れているからなんでしょうけど」

 マリコさんがレタスを肉の上から箸で鍋に突っ込みながら返してきたところで、ユイ姉さんが多少おどけてこう言った。

「ハゲてもオレのこと好きか?」

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連記事

鈴木涼美/唯川恵 【前編】 母と娘、両方の視点から描く「確執」について<『啼かない鳥は空に溺れる』刊行記念対談  母と娘の確執、母に入ってほしくない聖域「恋愛」>

第1回 自然でも子宮でも一緒じゃないの?<『探検家の日々本本』刊行記念対談 角幡唯介×鈴木涼美 危険でも行かなくてはならない場所、書かなくてはならないこと>

関連連載

鈴木涼美<愛と子宮が混乱中――夜のオネエサンの母娘論>



関連商品

【音声コンテンツ】鈴木涼美/二村ヒトシ/開沼博『鈴木涼美とは何者か? フルバージョン』
→詳細・購入はこちら


鈴木涼美『身体を売ったらサヨウナラ 夜のオネエサンの愛と幸福論』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

関連書籍

集中連載“言っておきたい!!2016”を電子版限定で書籍化!
→試し読み・幻冬舎plusでの購入はこちら(ポイント50%還元中!)
→Amazonでの購入はこちら

政治・経済から国際社会に裏社会、恋愛、アートや相対性理論まで、各分野で活躍中の総勢28名が執筆。本作品はTwitter、Facebookなどで多くの反響があったこれらの記事が、まとめて読める電子書籍です。
新しいニュースは日々起こり、時代は動いていきます。そんな中で、本質を射抜く言葉は、流されやすい私たちを支える大きな力となるはずです。日本が凝縮されたこれら28個の視点を、前に進むとき、考えるときの指針にしてください。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!