毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2015.12.27

一般相対性理論100周年の2015年に

まさか毎日アインシュタインのお世話になるとは

大栗 博司

まさか毎日アインシュタインのお世話になるとは

◆新幹線のぞみの車内で時空が歪む?

 幻冬舎plusの編集部から「これだけは言っておきたい」というお題で原稿の依頼を受けたのが11月25日で、これはアルベルト・アインシュタインが一般相対性理論の方程式を発表してからちょうど100年になる記念の日でした。ですので、アインシュタインの相対性理論とはどんなものかについて書きます。

 相対性理論には、「特殊」と「一般」の2つのバージョンがあって、「特殊」は1905年に、「一般」は1915年に発表されました。名前が示すように、「特殊」よりも「一般」の方が、広い状況に当てはまります。まずは、「特殊」を説明します。

 私たちは物の速さを時速何キロというように測りますが、この速さというものは、「何に対して測ったものか」によって異なります。たとえば、私は書斎でこの原稿を書いていて、床にうずくまっている犬から見ると、私は止まっています。しかし、この地球は太陽の周りを回っているので、太陽から見ると、私は猛スピードで動いていることになります。犬から見ると私は止まっているのに、太陽から見ると動いている。何に対して測ったものかを言わなければ、速さに意味はない。これには、アインシュタインよりもずっと前から、多くの人が気付いていました。

 ところが、アインシュタインの生まれる数十年前に、問題が起きました。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連記事

大栗博司 はじめに ―― 娘に語る数学 <数学の言葉で世界を見たら>

大栗博司 計算されたリスクを取ること 前編<数学の言葉で世界を見たら>

その他の<数学の言葉で世界を見たら>の記事はこちら

関連書籍

集中連載“言っておきたい!!2016”を電子版限定で書籍化!
→試し読み・幻冬舎plusでの購入はこちら(ポイント50%還元中!)
→Amazonでの購入はこちら

政治・経済から国際社会に裏社会、恋愛、アートや相対性理論まで、各分野で活躍中の総勢28名が執筆。本作品はTwitter、Facebookなどで多くの反響があったこれらの記事が、まとめて読める電子書籍です。
新しいニュースは日々起こり、時代は動いていきます。そんな中で、本質を射抜く言葉は、流されやすい私たちを支える大きな力となるはずです。日本が凝縮されたこれら28個の視点を、前に進むとき、考えるときの指針にしてください。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!