毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2015.12.24

光秀の子孫が信長を徹底解明!! あの信長の“謎”が、ついに解けた!? 

光秀の子孫が信長を徹底解明!! あの信長の“謎”が、ついに解けた!? 

 日本人の好きな歴史上の人物として、必ず上位にランクインするのが織田信長。テレビ東京の新春時代劇(2016年1月2日土曜夜9時~)では、直木賞作家・安部龍太郎さん原作
『信長燃ゆ』が放送される。織田信長を東山紀之さんが演じ、その他豪華出演陣による歴史超大作は注目だ。では何故、日本人はそんなに信長が好きなのか?

 戦国の世の既成概念を壊した天才。天下統一を目指した強さとそのカリスマ性。本能寺の変で重臣・光秀に討たれたという刹那的な生き方。このように多くの方は、信長が成し遂げた功績やその生き方に憧れているのではないだろうか。

 しかし我々の知る織田信長像は、時の権力者により捏造されたもので、研究者や作家の感性に基づいて書かれたものが世の中に広まったに過ぎないのをご存知だろうか。

 教科書や歴史小説などで描かれる信長は、大うつけ、野生児、苛烈で残虐、稀代の天才といった姿だ。だが未だ何故、信長がうつけだったのか、多勢に無勢の「桶狭間の戦い」で勝利を収めたのか、「本能寺の変」で討たれたのかも、しっかりと解明されていない。

 明智光秀の子孫で、30万部突破のベストセラー『本能寺の変 431年目の真実』(文芸社文庫)の著者、明智憲三郎さんはそこに大きな疑問を抱き、現存する史料を徹底して洗い直し、天才と呼ばれた男の頭脳を読み解いた。

 今まで誰も解明できなかった織田信長の決断の論理。桶狭間の戦いの勝利の方程式。大うつけの正体。残虐というイメージ。そしてなぜ本能寺の変は起こり、光秀は信長を討ったのか。信長が抱いた最大の野望とは――。光秀の子孫が恩讐を超えて、信長のそれら全てを解明したのだ。

 気になるその全貌は『織田信長 四三三年目の真実 信長脳を歴史捜査せよ!』(幻冬舎)にて!! きっと信長についてのイメージが一変するとともに、日本史史上最大の禁忌が覆されるはず!!  幻冬舎plusではその気になる中身を試し読みで配信中。(T)
 

年末年始 連載(1) プロローグ 信長脳を歴史捜査せよ!

 

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!