私は4年以上もの間、シェアハウス暮らしをしており、おおむね、この居住形態にたいへん慣れ親しんでいる。現在は男女9人のシェアハウスに住み、今年一年、多くの時間をこの家の中で過ごしてきた。
 そう言うと、だいたいの人が「えーっ、シェアハウス生活ってどんな感じ?」と、下世話な関心をチラつかせながら興味津々で聞いてくる。
 なので今回は、その下世話な関心にお応えしようと思う。

 まず、住民のプライバシーはほぼない。特に、今住んでいるシェアハウスは和室が多く、音が筒抜けだ。しかし、人間の適応力というのはほぼ無限で、最初は抵抗があったとしても、住んでしまえばすぐに慣れる。

 この家に入居して間もない頃のことだ。
 ある日の昼、私がリビングに行くと、住人の一人である大学生の男の子が、テレビで「ウイニングイレブン」というサッカーゲームをしていた。同時に、もう一人の住人の男の子・S君が帰宅し、階段を登って9階の(うちの家はマンションの6階から9階までをぶち抜いた、ちょっと変わった造りをしているのだ)自分の部屋へと入って行くのが階下からちらりと見えた。
 ドスドスという、聞き慣れた足音が1つに、あとから控えめな足音が1つ。おお、もしや女連れか。

 しばらくすると、西野カナらしき曲が流れはじめた。S君の個室、障子越しのくぐもったサウンドが、微かに階上から聞こえてくる。
「ウイイレ」をしていた男の子の耳が、ピクっと動く。

 その直後。

「アンアンアアンアンアンアアン、アッ、アンアンアンアアアアアアアアアアアン!!!!!!!!!!!」

 西野カナのボーカルを遥かに超えたすさまじい雄叫びが、家中に響きはじめた!

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連記事

小野美由紀/佐々木俊尚 ダサくてもいい、ひねこびてない生き方であれ!<対談「キョーレツ」なふたり>

小野美由紀 キョーレツがおっぱい~小野美由紀、乳がん検診に行く~<キョーレツがいっぱい>

関連書籍

小野美由紀『傷口から人生。 メンヘラが就活して失敗したら生きるのが面白くなった
→試し読み・電子書籍はこちら【期間限定価格】
→書籍の購入はこちら(Amazon)

関連書籍

集中連載“言っておきたい!!2016”を電子版限定で書籍化!
→試し読み・幻冬舎plusでの購入はこちら(ポイント50%還元中!)
→Amazonでの購入はこちら

政治・経済から国際社会に裏社会、恋愛、アートや相対性理論まで、各分野で活躍中の総勢28名が執筆。本作品はTwitter、Facebookなどで多くの反響があったこれらの記事が、まとめて読める電子書籍です。
新しいニュースは日々起こり、時代は動いていきます。そんな中で、本質を射抜く言葉は、流されやすい私たちを支える大きな力となるはずです。日本が凝縮されたこれら28個の視点を、前に進むとき、考えるときの指針にしてください。