2015年は、個人的にはとても忙しかった一年でした。というのは、お正月の1月2日に武道館公演があり、なんとそのまま年末の12月30日にも「清水ミチコの一人フェスin武道館special」という公演を行うことになったのです。ポールマッカートニー風に言うとしたら、「362日ブリ、ブドカン!」です。短い。

 高田文夫センセイから、「年末年始を武道館って、もしこれがオセロなら全部ひっくり返っちゃうな」と、意味不明のコメントをいただきましたが、じっさい、2015年はひっくりかえりそうな忙しさ。これとは別に全国ツアーも始まってましたので、私は人生の中で一番よく働いた一年という感があります。

 こんなタレントですらそうなのです。この2015年を冷静に見つめると、もしかしたら、ニセモノがちょっとずつハバをきかせていた年だと言って過言ではないのかもしれません。思えば3月には…

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plus 4周年キャンペーン中。豪華賞品が総計100名様に当たる
幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連記事

・ 「芸」と「人」<清水ミチコ×酒井順子 リレーエッセイ「芸」と「能」>

関連書籍

酒井順子、清水ミチコのリレーエッセイ『芸と能』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


清水ミチコ『主婦と演芸』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


清水ミチコ/三谷幸喜『たてつく二人』
→試し読み・電子書籍はこちらら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

関連書籍

集中連載“言っておきたい!!2016”を電子版限定で書籍化!
→試し読み・幻冬舎plusでの購入はこちら(ポイント50%還元中!)
→Amazonでの購入はこちら

政治・経済から国際社会に裏社会、恋愛、アートや相対性理論まで、各分野で活躍中の総勢28名が執筆。本作品はTwitter、Facebookなどで多くの反響があったこれらの記事が、まとめて読める電子書籍です。
新しいニュースは日々起こり、時代は動いていきます。そんな中で、本質を射抜く言葉は、流されやすい私たちを支える大きな力となるはずです。日本が凝縮されたこれら28個の視点を、前に進むとき、考えるときの指針にしてください。