毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.12.18

幻冬舎×クレディセゾンがコラボ、プラチナ&ゴールドカード会員限定のWebマガジン『GOETHE GLOBE』(ゲーテ・グローブ)を配信開始!

幻冬舎×クレディセゾンがコラボ、プラチナ&ゴールドカード会員限定のWebマガジン『GOETHE GLOBE』(ゲーテ・グローブ)を配信開始!

雑誌不況と言われる昨今、一方でWEBを中心に雑誌ブランドの新たな動きが相次いでいる。12月18日にリリースされた会員限定WEBマガジン『GOETHE GLOBE』(ゲーテ・グローブ)も雑誌ブランドの次の展開を打ち出した新媒体だ。『GOETHE GLOBE』は、日本の企業経営者やビジネスリーダーたちに強く支持されている幻冬舎(東京都渋谷区、代表取締役社長:見城徹)発行の男性誌『GOETHE(ゲーテ)』が、株式会社クレディセゾンの上位カード会員向けのWEBマガジンを制作したもの。ターゲット読者は、クレディセゾンが発行する最上位カード、セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードおよびセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード会員。

知識欲も消費モチベーションも高い会員たち限定の雑誌『GOETHE GLOBE』のコンセプトは“まだまだ冒険したい大人のための遊休知マガジン”。WEBマガジンという特性を生かし、動画や音楽再生、関連サイトや買い物サイトへのリンクなども豊富。雑誌の楽しさと信頼感はそのままに、スマホユーザーを強く意識した作りで、五感で楽しめ、かつ素早くアクションできる機能が充実している。

カバーは俳優の渡部篤郎氏、巻頭企画は渡部氏、片岡愛之助氏、安倍昭恵氏ほか著名人6人のスペシャル・インタビュー。著名人から読者に向けての動画メッセ―ジに引き込まれる。第一特集はこれからハマりたい趣味を集めた「大人の遊休知」。指揮者佐渡裕氏がナビする“ウィーン・ブランド”、俳優鶴見辰吾氏が案内する“ロードバイク”のほか、“カレー作り”、“和の器”、“肉体改造”など気になる趣味が満載だ。そのほか日本再発見企画や男の美容、ビジネス・インタビューなどテーマは多岐に渡り、まさにライフスタイルをカバーする“雑誌”の作り。

クレディセゾンは、このWEBマガジン『GOETHE GLOBE』の配信を機に、Net会員登録比率が高くWEB親和性の高いセゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード会員とセゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード会員への一層のロイヤリティ向上とカード利用活性を図り、また、この媒体をフックに新規カード入会促進にもつなげたいという。

◆会員以外の試し読みページ : http://www.saisoncard.co.jp/goetheglobe2/

 

『GOETHE GLOBE』(ゲーテ・グローブ)概要

【対象カード】
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード会員
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード会員

【期 間】
2015年12月18日(金)~2016年2月29日(月)

【テーマ】
「まだまだ冒険したい大人のための遊休知マガジン」 

【巻頭企画・特集】
表紙:渡部篤郎
表紙撮影:岡部太郎(SIGNO)
タイトル:「2016年、好奇心に火をつけろ!」
ページ構成:全78ページ
巻頭エッセイ:宮本輝
動画付スペシャルインタビュー:渡部篤郎、片岡愛之助、松本利夫、ホラン千秋、安倍昭恵、石川直樹
特集「大人の遊休知」:キュレーター 佐渡裕(指揮者)、鶴見辰吾(俳優)、石川康晴(クロスカンパニー)ほか
※敬称略

【編集プロデューサー】
株式会社幻冬舎
女性誌事業部 部長 片山裕美

【閲覧可能デバイス】
スマートフォン(iPhone/アンドロイド)、タブレット、PC

◆発行:株式会社クレディセゾン
◆編集:株式会社幻冬舎
◆電子雑誌技術プロダクト:株式会社ブランジスタ

【お問い合わせ先】
株式会社幻冬舎 雑誌・広告本部広告局広告部
東京都渋谷区千駄ヶ谷4-9-7
TEL :03(5411)6445
FAX :03(5411)6443

 

「セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス®・カード」ご入会キャンペーン 実施中!

2016年1月31日(日)まで、通常年会費10,000円(税抜)のところ「初年度無料」でご入会いただけます。

さらに、専用URL(http://www.saisoncard.co.jp/amextop/all-first0-point/)よりお申し込みいただくと、もれなく「永久不滅ポイント400ポイント(2,000円相当)」をキャッシュバックいたします。

※セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カードは、招待制となります。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!