毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2011.05.01

連載エッセイ59

描くべきことがない│緻密で
高度な作画技術の裏の巨大な弱点
『マンガの経済学』『マンガの創り方』『ファン・ホーム』

中条 省平

描くべきことがない│緻密で<br />高度な作画技術の裏の巨大な弱点<br />『マンガの経済学』『マンガの創り方』『ファン・ホーム』

  ひさうちみちおは、テレビや映画に出てのったりした関西弁でとぼけたことをいうタレントとして知られ、セックスを主な題材にして奇妙な正論を展開するエッセイストでもありますが、本職はれっきとしたマンガ家です。
 1976年に今はなき「月刊漫画ガロ」に「パースペクティブ・キッド」でデビューしました。この頃のひさうちは耽美的なロココ趣味とジャン・ジュネ風の少年愛の美学を奉じるクールなデカダン主義者といった趣きで、同じ「ガロ系」でも「猟奇耽美派」の花輪和一や丸尾末広と肩を並べる存在でした。しかし、その後、社会制度の不条理な幻想性を暴く寓話的マンガ(呉智英が高く評価する『夢の贈物』など)を発表し、鋭い批評性を発揮するようになりました。
 そのひさうちみちおの最新刊はマンガではなく『マンガの経済学』(朝日新聞出版)というエッセーで、「マンガの方法論」「お金とマンガの不思議な関係」という二つの副題が付いています。このテーマであのひさうちが何を語るか、興味津々です。読んでみました。
 いやあ、脱力しました。マンガとお金の関係を基にした創作方法論かと思いきや(タイトルとサブタイトルを見れば誰でもそう思うはずですが)、これはひさうちのマンガ家としての自伝的回想にすぎず、当然そこにはマンガ家としてのお金の苦労や、どうやってマンガを描いてきたかという思い出話がいり混じる、という程度のライトエッセーでした。このゆる~い語りがエッセイストひさうちの持ち味なのかもしれませんが、エッセーだけでは100ページにも満たず、残りの100ページ以上を新作、旧作とり混ぜたマンガで埋めています。
 中心となるのは「ビンボー」の話ですが、ありがちなビンボー自慢ではなく、これまたゆる~い体験談なのです。なにしろ、ひさうちは以下のようなことを平常心で語れる、ビンボー自慢に向かうネガティブな虚栄心とは無縁の人なのです。
「えと、正直にお答えすると、お金のことって、あんまり考えたことがないのです。もちろん、初めて原稿料をもらったときはうれしかった。エロマンガで原稿料もらったときもすごくうれしかった。でも『ガロ』に載ったときは原稿料をもらうよりうれしかった。印税がもらえるときもすごくうれしいけれど、原稿料をもらうあてのないエッチなマンガの細かい背景の線を引いてるときもうれしい」
 思わず「小学生の作文か!」とツッコミを入れたくなる屈託のなさですが、この正直さがひさうちの鋭い直感的批評性に通じているのでしょう。結局、「なるほどね」と納得させられてしまうのです。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中条省平『マンガの論点』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

10年前すでに戦争とテロと格差社会を描いていたマンガは、つねに世相の3歩先を映し出す予言の書である。そしてその後、何を予言し的中させてきたか。マンガを論じるとは、まさにこれを読み解くことでもある。『デスノート』『ソラニン』『すーちゃん』『へうげもの』『闇金ウシジマくん』『20世紀少年』『この世界の片隅に』『JIN-仁-』『PLUTO』『鋼の錬金術師』etc.からフランスのマンガBD【ルビ:ベーデー】まで、この10年間の数百冊を取り上げ、読み方のヒントを明示し、現代日本そのものを読み解く。


中条省平『マンガの教養』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

マンガなど読んでいてはバカになる―そう嘆く世の風潮を激しく批判し、マンガと劇画を擁護した三島由紀夫は、かつてこう説いた。「若者は、劇画や漫画に飽きたのちも、これらを忘れず、突拍子もない教養を開拓してほしい。貸本屋的な鋭い荒々しい教養を」と。そして今、大学中心の教養主義が崩壊し、かつて「反」の象徴だったマンガが教養として語られる時代となった。ギャグから青春、恋愛、歴史、怪奇、SFまで豊饒たるマンガの沃野へ踏み出す第一歩のための、最適な傑作100冊とその読み方ガイド。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!