毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.12.23

第1回

日本初の戦争遺跡文化財は沖縄の小さな集落にあった

大平 一枝

日本初の戦争遺跡文化財は沖縄の小さな集落にあった

村民が軍と一緒に戦い、村民の半分が命を落とした南風原村

 こののどかな原が、3キロ先に歩く野良猫1匹が見えるほどの焼け野原と化した。1945年、今から70年前のことだ。 南風原町と書いて「はえばるちょう」と読む。南風が吹く原とは、なんと沖縄らしい爽やかな字面だろう。「はる」「ばる」の語源には、平地、稲作があったところ、はるばると景色が良いところなど諸説ある。南風原町は、平地のなかに黄金森(くがにむい)という小高い丘があり、穏やかで風光明媚。路地を歩くと、琉球絣の工房や織物を洗う井戸が、住宅のなかに隣合う。’80年までは「村」だった。

 4人にひとりが亡くなった沖縄戦で、南風原村の沖縄での戦死者は3505人。人口の44%にあたり、2人にひとりが亡くなった。うち61%が同年6月1~23日までの間に死亡。終戦のわずか2か月前に、ひとりあたり52発といわれる米軍の砲弾にさらされ、絶望的な状況の中で、住民が軍と一緒に戦いを強要され村民の半分近くが命を落とした。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!