親と離れて暮らす子どもたちの潔くきっぱりとした世界

 松本大洋の『Sunny』が完結しました。

 月刊誌「IKKI」で連載が始まったのが2011年2月。丸5年かけて、全6巻に結晶したわけです。出版不況という厳しい状況下で、丹念で息の長い仕事を完遂した作者に心からの敬意を覚えるとともに、この孤高の天才を支えた編集者の努力にも頭が下がります。

 題材は、作者自身の子供時代です。 松本大洋はこの頃の自分をあまり語ろうとしませんでした。しかし、いくつかのインタビューによると、小学校では特殊学級(特別支援学級)に入り、今なら発達障害とか多動とかいわれるような行動をとって、親と離れて暮らす施設に移され、そこを6、7回脱走し、そのうち2回は車を盗んで逃げました。施設での生活は6年ほど続いたといいます。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中条省平『マンガの論点』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

10年前すでに戦争とテロと格差社会を描いていたマンガは、つねに世相の3歩先を映し出す予言の書である。そしてその後、何を予言し的中させてきたか。マンガを論じるとは、まさにこれを読み解くことでもある。『デスノート』『ソラニン』『すーちゃん』『へうげもの』『闇金ウシジマくん』『20世紀少年』『この世界の片隅に』『JIN-仁-』『PLUTO』『鋼の錬金術師』etc.からフランスのマンガBD【ルビ:ベーデー】まで、この10年間の数百冊を取り上げ、読み方のヒントを明示し、現代日本そのものを読み解く。


中条省平『マンガの教養』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

マンガなど読んでいてはバカになる―そう嘆く世の風潮を激しく批判し、マンガと劇画を擁護した三島由紀夫は、かつてこう説いた。「若者は、劇画や漫画に飽きたのちも、これらを忘れず、突拍子もない教養を開拓してほしい。貸本屋的な鋭い荒々しい教養を」と。そして今、大学中心の教養主義が崩壊し、かつて「反」の象徴だったマンガが教養として語られる時代となった。ギャグから青春、恋愛、歴史、怪奇、SFまで豊饒たるマンガの沃野へ踏み出す第一歩のための、最適な傑作100冊とその読み方ガイド。