沖縄県の小浜島に、平均年齢84歳のダンス&ヴォーカルユニットがいるのをご存知ですか?

その名も、KBG84。「“小”浜島“ば”あちゃん“合”唱団、平均年齢“84”歳」の略です。

史上最高齢のアイドルグループで、「天国に一番近いアイドル」がキャッチコピーです。

もとは、島のイベントで歌っていた小さな合唱団ですが、今年10月にメジャーデビューをはたしました。

戦争を経験し、貧しい生活も知り、水道も電気もない不便な中で育ってきたオバァたちが、なぜ、こんなに元気で、みんなを笑顔にする力があるのか?

小浜島は、人口は600人ほど。学校がひとつ。周囲はわずか16キロメートル。信号はひとつもない、という小さい島。

でも、オバァたちは、口をそろえてこう言います。

「こんなに恵まれたところはない」。

今あるものに満足し、感謝し、大切にする。

消費速度の速い現代において、毎日神様を敬い、物を大事に、暮らしを丁寧に送るオバァたちからは、学ぶことばかりです。

オバァの言葉をいくつか・・・

*つらかったことを自慢しても幸せにはなれません。
*いっぱい笑うと、いっぱいお腹がすく。
*いくつになっても、恋の話は元気の源。
*自分に感謝し、自分を褒める。
*一日の始まりはお化粧から。

などなど。そんな、オバァたちは、ずっと健康で、笑顔が溢れています。

この一冊から、たくさんの元気をもらって、あなたとあなたの周りの笑顔が少しでも増えますように。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連商品

KBG84(小浜島ばあちゃん合唱団)『笑顔で花を咲かせましょう ――歌って踊るオバァたちが紡いだ「命の知恵」』
→電子書籍はこちら
→書籍の予約・購入はこちら(Amazon)


KBG84『Come on and Dance 小浜島』(DVD付CD)
→CDの購入はこちら(Amazon)