毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2011.08.01

連載エッセイ62

ランボーみたいな天才の1968年作品
佐々木マキ『うみべのまち』

中条 省平

ランボーみたいな天才の1968年作品<br />佐々木マキ『うみべのまち』

『うみべのまち 佐々木マキのマンガ 1967─81』(太田出版)がついに出ました。
「ついに」というのは、この本の前に佐々木マキの主なマンガが編まれたのは、青林堂の『佐々木マキ作品集』(「現代漫画の発見」シリーズ第5巻)で、それは1970年のことだったからです。しかも、長らくこの本は絶版となり、まれに古本屋で見かけても1万円以上の値がついていました。ですから、ようやく40年ぶりに佐々木マキのマンガをまとめて読み直すことができるようになったのです。
 佐々木マキが「月刊漫画ガロ」で最も旺盛に創作活動を展開したのは、1968年前後のことです。1968年といえば、フランスの五月革命を頂点に、日本の東大闘争など、世界中で学生たちがあらゆる制度に異議申し立てをおこない、反乱を起こした年です。
 日本でも最近、小熊英二の『1968』や●秀実(●は糸へんに圭)の『1968年』がこの年の政治的、思想的意義を検証していますが、「1968年」を特権化した人としては、第一にウォーラーステインを挙げるべきでしょう。
 私たちがウォーラーステインの主張に驚いたのは、彼が近代史の3大転換点として、資本主義世界経済として近代システムが形成された〈16世紀〉と、フランス革命が起こった〈1789年〉とともに、〈1968年の世界革命〉を挙げたからです。
 1968年は、フランス革命以来続いてきた近代システムにおける中道リベラリズムの優位が覆され、それにもかかわらず、反システム運動への幻滅も明確にされた年です。つまり、政治的な語彙でいい換えれば、1968年の学生運動は、アメリカの覇権を拒否すると同時に、反対勢力のソ連がアメリカの世界秩序維持に加担しているという事実を暴いたわけです。
 しかし、この〈世界革命〉はポジティヴな出来事というより、近代世界システムの終末の前触れでした。その結果、国家機構と反システム運動が同時に幻滅にさらされ、「時代が進めば社会は良くなるという長期的な確信が、世界システムは変化しないかもしれないという恐怖に変わり」、人々は「もはや歴史が自分たちの味方だという確信をもてなくなり、したがって、自分たちの子供や孫の人生においてその改良が実を結ぶだろうと信じて漸進的な改良に満足することもできなくなった」のです(ウォーラーステイン『入門・世界システム分析』山下範久訳、藤原書店)。
 とするならば、1968年とは、一部の論者がいうようなバラ色の解放革命であったどころか、地獄の釜開きのようなものだったというべきかもしれません。
 大風呂敷を広げすぎたかもしれませんが、1968年に中学2年だった私の実感からいうと、あのころは、何をやってもいいのだという熱い祝祭的昂揚感と、それを突きぬけた向こう側に予感される空虚さが表裏一体となって感じとれるような時代でした。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中条省平『マンガの論点』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

10年前すでに戦争とテロと格差社会を描いていたマンガは、つねに世相の3歩先を映し出す予言の書である。そしてその後、何を予言し的中させてきたか。マンガを論じるとは、まさにこれを読み解くことでもある。『デスノート』『ソラニン』『すーちゃん』『へうげもの』『闇金ウシジマくん』『20世紀少年』『この世界の片隅に』『JIN-仁-』『PLUTO』『鋼の錬金術師』etc.からフランスのマンガBD【ルビ:ベーデー】まで、この10年間の数百冊を取り上げ、読み方のヒントを明示し、現代日本そのものを読み解く。


中条省平『マンガの教養』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

マンガなど読んでいてはバカになる―そう嘆く世の風潮を激しく批判し、マンガと劇画を擁護した三島由紀夫は、かつてこう説いた。「若者は、劇画や漫画に飽きたのちも、これらを忘れず、突拍子もない教養を開拓してほしい。貸本屋的な鋭い荒々しい教養を」と。そして今、大学中心の教養主義が崩壊し、かつて「反」の象徴だったマンガが教養として語られる時代となった。ギャグから青春、恋愛、歴史、怪奇、SFまで豊饒たるマンガの沃野へ踏み出す第一歩のための、最適な傑作100冊とその読み方ガイド。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!