毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2011.10.01

連載エッセイ64

絶対に神の姿を描く―いがらしみきおの決意
いがらしみきお『I【アイ】』

中条 省平

絶対に神の姿を描く―いがらしみきおの決意<br />いがらしみきお『I【アイ】』

 世界的に見て、日本のマンガが文化的にも産業的にも、異様というべき発展を遂げたことには様々な理由が考えられますが、そのもっとも大きな要因のひとつに、マンガ雑誌の質・量両面における充実があります。
 発行部数がおよそ100万に達する雑誌が10誌ほどもあることは、なんといってもマンガ産業の基礎を支える重要な事実ですし、その裾野に広がる無数の中小雑誌の多様性は、マンガ文化の豊かさを保証しています。経済的な余裕があればこそ、少数の読者しかもたない作品にも発表の場をあたえることができるわけです。
 歴史的に見れば、戦後日本のマンガ雑誌の創造的活動の出発点となったのは、1959年に「週刊少年マガジン」と「週刊少年サンデー」が相次いで創刊されたことです。少年週刊誌という出版形態はこのとき初めて成立しました。とくに、1959年というタイミングが決定的でした。
 この年、のちに「団塊の世代」と呼ばれるベビーブーマーたちは小学6年生になっていました。そして、彼らは「マガジン」と「サンデー」のマンガの魅力に取りつかれ、中学生になってもマンガ週刊誌の購読を続けます。その結果、マンガは小学生までのもの、中学になったら卒業という、それまでの日本社会の常識が一挙に覆されてしまったのです。そして、大学生がマンガを読むようになり、社会人となった読者にむけて青年マンガ誌、成人マンガ誌が次々に創刊されました。かくして、いい年をした大人が通勤電車でマンガ雑誌を読む経済大国ニッポンが形成されたわけです。この日本マンガの歴史的特異性を明快に説明した好著が、中野晴行の『マンガ産業論』(筑摩書房)でした。
 ちなみに、数年前、マンガ界は「2007年問題」という話題でにぎわいました。この年、1947年生まれの団塊の世代が大量に60歳の定年退職期を迎えるからでした。マンガ産業のいちばん重要な支えであった彼らは、出勤途中の駅のキオスクで愛読するマンガ雑誌を買うというスタイルで、主にマンガと接していました。その彼らが定年で通勤をしなくなると同時に、マンガ雑誌の購読もやめてしまう可能性があったのです。これがマンガ産業への決定的な一撃になるかもしれませんでした。
 いまマンガ雑誌をもっとも多く売っているのは、書店でも駅のキオスクでもなく、コンビニです。団塊の世代の日常的行動のなかには書店やキオスクに代わる存在としてコンビニが組みこまれていないことも、マンガ産業界の不安をかき立てる要素でした。
「2007年問題」の結果はどうなったか? 社会の少子高齢化で60歳定年という制度そのものが揺らぎ、劇的なマンガ雑誌の販売減という現象は見られませんでした。ほかの「****年問題」と同じく、マンガ界のこの問題も曖昧に終息したのです。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中条省平『マンガの論点』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

10年前すでに戦争とテロと格差社会を描いていたマンガは、つねに世相の3歩先を映し出す予言の書である。そしてその後、何を予言し的中させてきたか。マンガを論じるとは、まさにこれを読み解くことでもある。『デスノート』『ソラニン』『すーちゃん』『へうげもの』『闇金ウシジマくん』『20世紀少年』『この世界の片隅に』『JIN-仁-』『PLUTO』『鋼の錬金術師』etc.からフランスのマンガBD【ルビ:ベーデー】まで、この10年間の数百冊を取り上げ、読み方のヒントを明示し、現代日本そのものを読み解く。


中条省平『マンガの教養』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

マンガなど読んでいてはバカになる―そう嘆く世の風潮を激しく批判し、マンガと劇画を擁護した三島由紀夫は、かつてこう説いた。「若者は、劇画や漫画に飽きたのちも、これらを忘れず、突拍子もない教養を開拓してほしい。貸本屋的な鋭い荒々しい教養を」と。そして今、大学中心の教養主義が崩壊し、かつて「反」の象徴だったマンガが教養として語られる時代となった。ギャグから青春、恋愛、歴史、怪奇、SFまで豊饒たるマンガの沃野へ踏み出す第一歩のための、最適な傑作100冊とその読み方ガイド。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!