毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.12.04

あなたはどんな言葉に心打たれましたか?

東野圭吾『人魚の眠る家』重版帯お披露目

東野圭吾『人魚の眠る家』重版帯お披露目

発売以来、大反響。東野圭吾さん作家デビュー30周年記念作品『人魚の眠る家』。

重版帯で装い新たにお目見えです。

メインキャッチは、篠原涼子さんの推薦文。
 

 

「この世には狂ってでも守らないといけないものがある」

薫子の言葉に衝撃と賛同をおぼえました。

人として、家族として、母としてなにが出来てどのように決断するのか。

薫子のような強さを私も持ちたいと思いました。

 

薫子とは、本作に登場する母親。篠原さんが衝撃を受けたこの一文は、物語の終盤に登場します。既に読了された読者の方々からもこの言葉についてたくさんの感想をいただきました。母親とはいったいどういう生き物なのかー。この言葉に出会った時、その一つの答えが見えるかもしれません。

物語には、薫子をはじめ、”眠り続ける人魚”を見守る多くの人が出てきます。それは家族であったり、時にまったくの他人であったり、その立場はそれぞれですが、登場する人間ひとりひとりが、その心を表す衝撃的な言葉を残しています。みなさんは、読まれた時に、いったいどの登場人物の、どの言葉に衝撃を受けるでしょうか。

 

「うちの家にいる娘は、患者なのでしょうか。それとも死体なのでしょうか」

「それで一体誰が幸せになるというんですか。親の自己満足だとは思いませんか」

「答えてください。娘を殺したのは、私でしょうか」

 

愛する人の死を、あなたは受け入れられますか? 愛する人を持つすべての人へ。感涙の東野ミステリ。発売中です。

  

★がついた記事は無料会員限定

作品情報

『人魚の眠る家』東野圭吾

娘の小学校受験が終わったら離婚する。
そう約束した仮面夫婦の二人。
彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の直前。
娘がプールで溺れたー。
病院に駆けつけた二人を待っていたのは残酷な現実。
そして医師からは、思いもよらない選択を迫られる。

過酷な運命に苦悩する母親。その愛と狂気は成就するのか。
愛する人を持つすべての人へ。感涙の東野ミステリ。

発行:幻冬舎
四六判/並製/392ページ/予価(本体1600円+税)/2015年11月18日発売
※頁数などは変更になる場合があります。ご了承ください。
※今後の発売情報は、幻冬舎plusにてお知らせいたします。情報更新をお待ちください。

→書籍のご予約はこちら(楽天ブックス)
→書籍のご予約はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
「数学的コミュニケーション入門」講座
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!