篠原涼子さん主演のドラマ「オトナ女子」。篠原涼子さん、吉瀬美智子さん、鈴木紗羽さんが、仕事や恋に不器用なアラフォー女性を演じています。なんでもひとりで解決できる人生スキルが身に付きすぎておやじみたいな行動をする一方で、20代女子のような純真無垢さも捨てきれないアラフォー独身女性を、「毎日がおひとりさま」などで人気の漫画家フカザワナオコさんはおやじ女子と名付けました。そんなおやじ女子たちの思想と生態を描いた「おやじ女子図鑑」から厳選したエピソードを3回に分けて公開します。最終回は、美容篇です。年齢とともにお肌の調子やシワなど気になることは増えていくけれど、気にしないという美容法もあるのかもしれません。


1 きりがない

 そりゃこの年だから、気になるところは他にもたくさんあるけれど、そんなの言い出したらきりがない!
 全部やったら原形をとどめず、もはや整形。
 アラフォーのエステに完璧という言葉はないのね……。
 でも、そんなくまやシワも、これまでがんばってきた証だと思えば、なぜか少し愛おしくもあり……。

 

2 ついに、ここが……。

 久々に短パンをはいてふと気付いてしまいました。
 ひざがなんか老けた! 
 はりもないし、しわしわだし!
 去年のひざはこんなじゃなかったはず~。
 もしかしてこれも加齢のひとつなのか?
 顔はパックしたりマッサージしたり、何かとあがいてたけど、ひざは盲点だったわー! 
 クリーム塗ろ……。次はどこが……。


3 くすんでますか?

 考えすぎかもだけど、こういう接客が増えたような気がします。
 まぁアラフォーになれば顔もくすんでくるよね!
 あ、でも昔から変わらない接客もあってそれは「やせて見えますよ!」というもの。
 きっと接客って、何歳になっても自分を映す鏡なんだわ……。

 

おやじ女子のさらなる生態は、書籍「おやじ女子図鑑」からお楽しみください。

 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

フカザワナオコ『おやじ女子図鑑』
→書籍の購入はこちら(Amazon)