毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.12.01

日常では体験できないプレイにはまってみたい……そんなあなたにお届けする真野朋子さんの新作官能小説の連載を「AM」で開始!

幻冬舎plus編集部

日常では体験できないプレイにはまってみたい……そんなあなたにお届けする真野朋子さんの新作官能小説の連載を「AM」で開始!

女性向けWEBメディア「AM」さんと幻冬舎とのコラボ企画で、真野朋子さんの官能小説の連載を本日よりスタートしました。日常では体験できないプレイにはまってみたい……そんなあなたにお届けする新作小説です。今後毎週火曜に「AM」さんで公開予定です。連載開始を記念して一話の一部を「幻冬舎plus」でも掲載いたします。続きはぜひ「AM」さんでチェックしてください。

------試し読み------

『楽園の罠』真野朋子(著)

あらすじ:南の島へ夫と旅行に来た彩夏は、ホテルの近くのバーでミステリアスな魅力のある駿に出会う。夫に満足していなかった彩夏は次第に駿に惹かれて、彼の部屋を訪れるが、彼女を待ち構えていたのは、いままで経験したことがない恥辱にまみれた危険な罠だった。

第1回 ミステリアスな滞在者


 まったくうんざりするような雨だ。バケツをひっくり返したような猛烈な雨が、もう1時間近く降り続いて、少しも弱まる気配がない。南の島のスコールにしてはずいぶん長いような気がする。彩夏は外を見ながら小さくため息をつき、薄くなったフローズン・マルガリータをまたひとくち飲んだ。

 滞在中のホテルからわずか徒歩5分の距離だが、傘がないのでホテルに着く頃には全身ずぶ濡れだろう。部屋に戻るだけなのでそれでもいいのだが、特に急いで帰る必要もないし、もう少しひとりでいたかった。

 広めの店内は半分以上席が埋まっていたが白人の客がほとんどで、みなこの突然の大雨のために足止めを食っている。すっかり長居を決めこんで、他のグループの客とおしゃべりしたり、奥のビリヤードに興じたりしていた。
「よく降るなあ。そろそろ止んでもいい頃なんだけど……」

 ふいに日本語で話しかけられたので、驚いて声の方を振り返った。ずっと雨を気にして通りの方向ばかり目をやっていたが、男はいつの間にかすぐ隣の席に座っていた。
「驚かしちゃったかな、失礼。僕はずっとカウンターの方にいたから」

 麻のシャツに半ズボン姿の彼は、よく日焼けした小麦色の肌に白い歯が映えた。
「……ほんとに、よく降りますね。そちらもRホテルにお泊まりですか?」
「そうですよ。この店はあのホテルの客でもっているようなものだ。ホテルでばかり飲み食いしているとけっこう高いし、第一飽きるからね」
「ですよね。実はそのことで夫とちょっとした口論になって、私、ひとりでここに来たんです」

 彩夏はナンパされることを懸念して、早めに夫という言葉を使った。もっとも彼の雰囲気や口調からして、そんな心配は余計な気がした。
「Rホテルのレストランはどこも値段の割にそんなに美味くないでしょ。あ、インド料理の店だけはけっこういけますよ」
「あら、そうなんですか。入ったことない……ていうかまだ来て2日目ですけど」
「僕はもう1週間近くになるけど、そろそろ飽きてますよ」

 彼は妻が休暇の予定をたててこの島に決めたのだと言った。さまざまなアクティビティやマッサージなど積極的に行動している妻とちがって、彼は休むことが目的で来たのだが、早くも退屈しているのだと話した。
「私と同じです。うちも夫の方がアクティブで、せっせとダイビングに行ってます。それで疲れたからって、夕飯はホテルですませたいって言うもので。さっそくケンカ」
「うちのはスパの予約があるからって、ここで食事した後さっさとホテルに戻ったんですよ。僕もいっしょに戻っていれば雨に降られなかった」
「ほんとですね」
「でもこうしてあなたと話せたから……」
「時間つぶしになりました?あ、少し小降りになってきましたよ、雨」
「もう一杯だけ付き合いませんか?」

 彩夏をじっと見つめた目は、とてもNOとは言えない引き込まれるような力があった。マルガリータを飲む間に、彼は駿と名乗り、自分の部屋番号と携帯の番号を教えてくれた。彼が滞在しているのはビーチに近いプライベートプール付きのヴィラだった。

 グラスが空になる頃、雨は完全に止んだ。

 その夜、彩夏は夫に抱かれながら、駿のことばかり考えていた。結婚8年目、子どものいない夫婦のセックスなど何の新鮮味もない。場所でも変われば何かしら刺激になるかと期待したが、相も変わらずお決まりのパターンで工程が進んでいく。前戯として首すじや胸に唇を這わせ、ほんの申し訳程度に乳房への愛撫も。

 彩夏がもっと続けてほしくて胸を突き出しても気づいているのかいないのか、さっさと次の段階へ進んでしまう。早くも膝を割ってきて侵入の準備だ。夫は、面倒なことはできるだけ手短にすませ、自分の目的が果たせればそれでいいのだ。
「待って、もう少しゆっくり……」
「無理。待てないよ。ゆうべもお預けだったんだからさ」

(つづく)

◯つづきは「AM」で公開中! 毎週火曜日更新です
→ http://am-our.com/sex/354/12588/

◯特設サイトはこちら
→ http://am-our.com/cp/gentosha/


【著者略歴】
真野朋子(まのともこ)
小説家。明治大学卒業。雑誌の編集者などを経てジュニア小説家としてデビュー。恋愛エッセイ、恋愛小説などを多数発表している。『ぎりぎりの女たち』『大人恋』『日曜日の女たち』『恋愛生活』『やめられない女たち』 『変身写真館』(以上すべて幻冬舎文庫)など著書多数。日本文藝家協会会員。
ブログ: ぎりぎりの女たち http://blog.livedoor.jp/dbtomtom4949/
ツイッター: @majtom49

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!