シリコンバレーからやってきた「バターコーヒー」の衝撃

 早朝のスターバックス。コーヒーの香りが鼻腔をくすぐる。いつものシートに腰を下ろす。タブレットを立ち上げて英字サイトにざっと目を通すと、グランデサイズのカフェミストを一口飲む。アラビカ種のコーヒー豆にスチームミルクを注いだそのドリンクは今日もまろやかな味だ。カウンターで受け取るときにいつもの娘(コ)が特別な笑みをしてくれたのにも気付かないふりをしている。カップには「NICE DAY!♡」だって。マイッタナ、ぜったいオレに気があるな……。

 さあ、スマホで今日1日のスケジュールを確認しよう。10時に来客。その後、プレゼン資料作成。ランチは取引先とイタリアン。会社に戻って来期の経営戦略会議のミーティングか……。今日もパンパンに予定が詰まってるな。いま、このひと時だけだな、コグマがゆっくりできるのは。あ、しかも20時にジムに行く予定もあったな。今日はランを中心にしたメニューにしよう。

―――――と、ここまで妄想。すべて妄想。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定