毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.11.28

第25回 

「新・戦隊モノの悪役女性」
…幸せと対極のキャリア思考。

壇蜜

「新・戦隊モノの悪役女性」<br />…幸せと対極のキャリア思考。

 一体、どうして彼女はこうなってしまったのか。私は戦隊ヒーロー系のドラマや漫画に出てくる悪役の女性を見るたびに、彼女らがなぜこの道を選んだのか……大きなお世話ながらも、想像してしまいます。

 最近では、日曜の朝に放送されている「忍者の血を受け継ぐ若人だちが悪の組織と戦う」という特撮ドラマを毎週のように観ていますが、ここでも女性の悪役は登場します。ただし登場するのは艶やかしい衣装の女優さんではなく、特撮スーツに身を包んだ「いつもの怪人っぽい悪役の女性バージョン」のような姿でですが。

 悪の組織に視点をおくと、そこはいまだに封建的。女性は秘書や補佐の立場以上の出世をしている姿を見たことがありません。運よく幹部のような立場にのしあがったとしても、周囲から発せられるハラスメントが半端ではないでしょう。被う面積の少ない衣装を半ば強制され、失敗すると日の高い時間にはお見せできないようなお仕置きが待っており、誰かと恋に落ちようものなら死亡フラグが立ってしまう……そんな彼女らが、悪の組織でひたむきに正義と戦うのは何故なのでしょうか。ここでも私は「男の影」を感じるのです。元カレや元旦那の横暴から逃れるため、もしくは正義に抹殺された男の仇を討つため……彼女らは幸せを捨てたのではないかと。

 子供向け番組で女のサガを受信し、これは妄想が膨らむとばかりにTVにかじりつく私もまた、『地球防衛未亡人』という特撮経験者です。怪獣に夫を踏み殺されて仇を討つため防衛軍に中途採用してもらう……ね、悪役ではありませんがサガ全開なのです。

 

撮影/壇蜜

【今月、檀蜜が気になったモノ】
この蒸し暑いのにエアコンも嫌い、毛布の上でまるまる我が家の猫。見ていると鶏のもも焼きが食べたくなってきます

 


出典:『GINGER』2015年9月号より 

★がついた記事は無料会員限定

雑誌『GINGER』について

定期購読はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!