毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.11.18

ぴんぴんぽっくり社会の“プロジェクト天寿”は実現するのか!?

幻冬舎plus編集部

ぴんぴんぽっくり社会の“プロジェクト天寿”は実現するのか!?

 年配の視聴者も多いNHKで、刺激的に放送中の医療サスペンス『破裂』(NHK 土曜日夜22:00~)が、今週11/21(土)で最終回を迎える(最終回は22:05~放送)。

 年老いた心臓を若返らせる夢の治療法を開発した、天才医師・香村(かむら:椎名桔平さん)。そして、その治療法の副作用———心臓が劇的に回復した後、数ヶ月後に破裂する―――で、増え続ける老人を減らし医療費を削減しようと画策する、国民生活省の官僚・佐久間(さくま:滝藤賢一さん)。

 

 夢の治療法を巡る2人の主導権争いが毎回オセロのように入れ替わり、息もつかせぬ展開が続いていたが、前回、その香村療法の第一被験者である国民的名優の倉木(くらき:仲代達矢さん)が、心臓破裂で壮絶な死を遂げた。

 彼の死をうまく利用した国民生活省の世論操作により、世間は「あんなふうに死にたい」とPPP(ぴんぴんぽっくり)社会を支持する方向に急速に傾く。
 官僚・佐久間が恍惚と語る、PPP社会“プロジェクト天寿”は実現してしまうのか? 香村はそれを止められるのか?

「香村先生、ネオ医療センターの研究テーマは、老人に望ましい死を保障することです。確実で、苦痛がなく、速やかで安全な、というのもおかしいですが、つまりはだれもが求める死ですよ。それが先日お話ししたプロジェクト《天寿》のゴールです」

 もちろんこれは物語の中での話。しかし、この佐久間の理想をどう受け止めるべきか、つい現実に投影して考えずにはいられない。

 原作は、フジテレビで放送中の『無痛』(水曜22:00~)と同じく、医師作家の久坂部羊(くさかべ・よう)氏。超高齢化社会の問題に鋭い球を次々投げ入れる本作は、全国書店で絶賛展開中だ。(S)

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

久坂部羊『破裂(上)』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)


久坂部羊『破裂(下)』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!