第3次安倍改造内閣の目玉政策として掲げられた「1億総活躍社会」。その政策実現の旗ふり役となる「1億総活躍担当相」。内外からいまだ違和の声が上がるものの、一国の首相が「目玉」と位置づけるからにはやはり重要な役割を担わされているはず。著作『紋切型社会』で注目を浴び、現代社会を鋭い視点で看破するライターの武田砂鉄さんに聞いてみた。ホントのところ、あの大臣ってどうなんですか?

 

◆「国民一人ひとり」と相反する「1億総活躍社会」

 ボクはまだ独立して1年弱の駆け出しのライターだが、「ボクの文体、一部では『タケダノライティング』として話題になっているんですよー」と書けば、この人は相当に痛々しい人だと周囲が口を揃えるだろう。自分で自分の名前を含ませたフレーズを連呼するなんて、どの場面でも恥ずかしい取り組みに違いないが、私たちがうっかり馴染んでしまった「アベノミクス」という言葉は、まさにそうやって自発的に積み上げてきたものであった。

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定