書籍の年間ベストセラーランキングで、2012年第2位、2013年第10位、2014年第11位(トーハン調べ)と、2012年の発売以降長く売れ続けている書籍『置かれた場所で咲きなさい』(渡辺和子 著)が今また話題になっています。
 


きっかけは、2015年10月30日(金) 19時56分~TBSテレビで放送された「中居正広の金スマ(金曜日のスマたちへ)スペシャル」。
“人生を変えるベストセラー”として『置かれた場所で咲きなさい』が紹介されました。

苦しい峠でも必ず、下り坂になる。

信頼は98%。あとの2%は相手が間違ったときの許しのために取っておく。


どうしても咲けないときは、無理しなくていい。根を下に下に降ろしましょう。


など、著者でノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さんの言葉は、老若男女を問わず悩みを抱える人々の心に響き、「読めば自分の人生が違って見える」と、その感動がどんどん広がっていっています。

『置かれた場所で咲きなさい』は、電子書籍でもお楽しみいただけます。
今すぐ読みたい方は下記電子書店よりお買い求めください。

『置かれた場所で咲きなさい』渡辺和子 著

「時間の使い方は、そのまま、いのちの使い方なのですよ。置かれたところで咲いていてください」 結婚しても、就職しても、子育てをしても、「こんなはずじゃなかった」と思うことが、次から次に出てきます。そんな時にも、その状況の中で「咲く」努力をしてほしいのです。 どうしても咲けない時もあります。雨風が強い時、日照り続きで咲けない日、そんな時には無理に咲かなくてもいい。その代わりに、根を下へ下へと降ろして、根を張るのです。次に咲く花が、より大きく、美しいものとなるために。


 


 

『置かれた場所で咲きなさい。第二弾『面倒だから、しよう』
待望の電子書籍化が決定しました!

『面倒だから、しよう』渡辺和子 著
小さなことこそ、心をこめて、ていねいに。幸せは、いつもあなたの心が決める。『置かれた場所で咲きなさい』待望の第二弾。

【目次】
第1章 ていねいに生きる(小さなことに大きな愛をこめて/面倒だからする ほか)/第2章 幸せは、自分が決める(疲れた自分を癒す秘訣/不本意な出来事に向き合うには ほか)/第3章 私が歩んで来た道(与えられた試練に耐えるには/忘れられない母の背中 ほか)/第4章 相手の気持ちを考える(嫌いな相手でも、その価値は否定しない/叱ってもらえることに感謝する ほか)
 

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定