芥川賞作家・羽田圭介さんに「挫折」にまつわるお話をうかがった前編。冒頭から「挫折とは自分ではなく他人が決めるもの」という、この連載の根底が覆るような指摘を受けたが……その言葉の根底には、「コントロール不可能な部分はあっさり受け入れ、可能なところに関してはストイックに調整していく」という羽田さんの哲学とも言うべき考えがあった。(構成:清田隆之 撮影:菊岡俊子)

自分にも他者にも「とにかく怠慢が許せない」

『スクラップ・アンド・ビルド』を読んでいると、そのストイックな視線が他者に向くケースが目につく。例えば主人公の健斗は、恋人の亜美に対し、その“ぽっちゃり体型”を「イケる口」と自認しているにも関わらず、「ぽっちゃりな身体を作ってしまう豚のようなメンタリティは心底嫌い」と厳しい眼差しを向けている。ここにはドキッとする女性読者も多そうだが……。

「とにかく怠慢が許せないんですよ。それは自分に対してもだし、他者にもついそういう視線を向けてしまう。女の人を見ていると、遠回りになってもエスカレーターに乗る人って、いるじゃないですか。あれって逆に面倒くさくないのかな、とか。月イチ会員でジムに通ってるくせに、目の前の階段は上らないとか、そういうのを見ると『何かなあ』って思います。内実が伴ってないというか。逆に、例えば武田真治さんの『優雅な肉体が最高の復讐である。』には、誰にも求められていないのに一人で黙々と肉体の訓練に励む様子が描かれていますが、そういう、何のためにやってるかわからない努力をしている人は信頼できるなって思います」


孤独を満たそうとしたときに生じる面倒くささ

ここから先は会員限定のコンテンツです

幻冬舎plusの会員登録(無料)をすると…すべての会員特典を見る
  • 会員限定の記事が読み放題に
  • 会員限定イベントに参加できる
  • プレゼント抽選に参加できる
  • ストア利用でポイントが貯まる

会員の方はログインして続きをお楽しみください

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定

サイン本プレゼントのお知らせ

羽田圭介さんに『盗まれた顔』にサインをいただきました! 3名様にプレゼントいたします。

※応募締切は11月19日(木)23:59です
※幻冬舎plusの無料会員の方のみご応募いただけます。まだ会員でない方も、こちらから無料の会員登録をしていただくとプレゼントに応募ができます。
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。当選者への賞品発送は12月下旬を予定しています
※ご応募は、お一人様一回限りとさせていただきます。
※賞品の送付先・提供先は、日本国内に限らせていただきます。
※賞品の換金・譲渡はできません。

 

関連書籍

羽田圭介『スクラップ・アンド・ビルド』
→書籍の購入はこちら(Amazon)


羽田圭介『盗まれた顔』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)