毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2005.01.15

ピーター・バラカンさんの「ウィークエンド・サンシャイン」

上原 隆

ピーター・バラカンさんの「ウィークエンド・サンシャイン」

  ピーター・バラカンさんの「ウィークエンド・サンシャイン」って知ってますか?

 昨日、音楽評論家のピーター・バラカンさんにインタビューをしました。土曜日の朝、ラジオでやってる「ウィークエンド・サンシャイン」という彼の番組で、ある話をきき、「いい話だな」と感動したからです。
 そのことを書きたいと思ったんです。
 すごくいい話なんですね、これが。

 と、もったいぶった話でごめんなさい。
 この幻冬舎のWEBに「リンカーンの医者の犬」を連載して今回で30回になります。これまでの30本を集めて幻冬舎から本にしてくださることになりました。
 もしも、いままでずっとこのウェブマガジンで読んでくださった方がいたとして、30回分全部読んで、なおかつ本も買ってくださるとしたら(あくまで、そういうありがたい方がいたとしてですが)、それじゃなんだか申しわけないなと思ったんです。せっかく本まで買ってくださったのに全部知ってる話じゃがっかりさせるなって。せめてまだ読んだことのない話が1本くらいあった方がいいんじゃないかなって。

 そんなわけで、急遽「ピーター・バラカンさんの『ウィークエンドサンシャイン』」という、かなりグッとくる話は4月刊行予定の本にだけ載せることにしました。
 30回目の話は、これまでの29回分のどの話にも勝るとも劣らない、いい話です。
 で、ご注意をひとつ。本の題名は『リンカーンの医者の犬』ではなく、もっといい題名になります。

 これまで、このルポルタージュ・コラムを読んでいただきありがとうございました。
 さようなら。

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!