ピーター・バラカンさんの「ウィークエンド・サンシャイン」って知ってますか?

 昨日、音楽評論家のピーター・バラカンさんにインタビューをしました。土曜日の朝、ラジオでやってる「ウィークエンド・サンシャイン」という彼の番組で、ある話をきき、「いい話だな」と感動したからです。
 そのことを書きたいと思ったんです。
 すごくいい話なんですね、これが。

 と、もったいぶった話でごめんなさい。
 この幻冬舎のWEBに「リンカーンの医者の犬」を連載して今回で30回になります。これまでの30本を集めて幻冬舎から本にしてくださることになりました。
 もしも、いままでずっとこのウェブマガジンで読んでくださった方がいたとして、30回分全部読んで、なおかつ本も買ってくださるとしたら(あくまで、そういうありがたい方がいたとしてですが)、それじゃなんだか申しわけないなと思ったんです。せっかく本まで買ってくださったのに全部知ってる話じゃがっかりさせるなって。せめてまだ読んだことのない話が1本くらいあった方がいいんじゃないかなって。

 そんなわけで、急遽「ピーター・バラカンさんの『ウィークエンドサンシャイン』」という、かなりグッとくる話は4月刊行予定の本にだけ載せることにしました。
 30回目の話は、これまでの29回分のどの話にも勝るとも劣らない、いい話です。
 で、ご注意をひとつ。本の題名は『リンカーンの医者の犬』ではなく、もっといい題名になります。

 これまで、このルポルタージュ・コラムを読んでいただきありがとうございました。
 さようなら。

この記事をシェア
この連載の記事
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定