毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.11.14

全国の書店員さん号泣!

悪と正義、法と社会を描いた
『プラージュ』に絶賛の声続々!

悪と正義、法と社会を描いた<br />『プラージュ』に絶賛の声続々!

好評発売中の誉田哲也さんの最新ミステリー『プラージュ』に書店員さんから、続々と熱狂の声が届いています。「今回の誉田作品は違う!」、「泣きました」、「最高に面白い!」など、全国から集まったメッセージをご覧ください。 

               * 

私が読んだ誉田哲也作品の中で、一番好きでした。
「罪を犯した人も、幸せになっていい」。
自分が被害者家族だったらそうは思えないかもしれませんが、難しいですね。
けれど、終り方は、納得がいくというか、しっくりくるというか、良かったです。


積文館書店 松本 愛さん
 

 

犯罪者の社会復帰という難しい問題を根底に持ちながらも主人公のキャラクター設定に
よるものか、成長小説(こんなジャンルがあるのか?)・青春小説のような不思議な暖かみを感じる作品でした。読者にとって素性がわかっているのは主人公だけ、残りの登場人物の過去が徐々に明かされていく構成に、主人公目線になった読者はまさしく読み出したら止まらない。一気呵成に読みました。最高におもしろかったです。


別所書店 別所 信啓さん


 

白かったです。いつもエグいかほんわり(武士道シリーズ)の
どちらかの誉田さんですが、今回は両方入っていてファンなら、
ああ、読みたい! と思うはず
です。カギのかかるドアがないシェアハウス!
現実にはありえない……かもしれませんが、たいていの人はいい人で(とんでもない
悪党も世の中にはいますが)そういう人達(善人)がかならずいるということを本当に
信じたいのだな、信じていきたいのだなという誉田さんの気持ちを感じられるような作品でした。罪を犯す人は、簡単には許せないけれど、更生するチャンスはなくてはいけないのだろう……むずかしい問題です……。     


有隣堂伊勢佐木町本店 佐伯 敦子さん


 

被害者と被疑者、追う者と追われる者、許す者と許されざる者、
ひとつの事象に対するあらゆる人間模様を描き分けてきた誉田さんだから
言える声明であり、説得力を持つ作品
である。


紀伊國屋書店西武渋谷店 竹田 勇生さん
 

 

皆さんが涙したのは、衝撃的な●●……

 

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

誉田哲也『プラージュ』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
春の幻冬舎plus感謝祭
結果を出すため0のカギを握るのは、「余裕=ゆとり」
どうしたら女性であることを楽しめるのでしょうか?
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!