毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.10.14

第3回:第1章-6

死について、リアルに感じる機会をもらえたこと。

K

死について、リアルに感じる機会をもらえたこと。

兵役とはどんなものなのか。自身の641日間の兵役経験を基に綴られた韓国人ミュージシャンKさんの初の著書『幸せを数える。』から、軍隊に入った一人の青年が何を感じ、何を考えたかを、全7回のダイジェストでお届けします。

今回は訓練所に入ってすぐに感じさせられた、生と死について。

直筆サイン入りチェキプレゼントも実施中!詳細・応募方法は記事の最後をご覧ください。

プレゼント応募期間は終了しました。多数のご応募、ありがとうございました。


*  *  *

 訓練所に入ってすぐに、認識票が配られた。ドッグタグとも呼ばれるネームプレートだ。ペンダントになっていて、首からぶら下げなければならない。

「1173400**** カン・ユンソン A型 陸軍」と刻印されたプレートが2枚ついていた。カン・ユンソンは僕の本名だ。

 これを渡されたとき、「なぜ2枚あるかわかるか?」と上官が話し始めた。

 戦地で死亡者が出たとき、1枚を仲間が持ち帰り、もう1枚は死者のあごの中に押し込んでおく。そうしておけば、死体が燃えてしまってもこの認識票は焼けずに残るから、戦死兵を認識できるという話だった。

「戦地」「死」「死体」「戦死」

 上官から発せられる言葉によって、手の中にある認識票の重さがズシリと増していく。死をリアルに実感した瞬間だった。

 軍隊の中で、最も重要なことは何か?

 それは暗号だ。

 味方と敵を見分ける術すべ。

 訓練期間中から、深夜のパトロールの任務に就く。

 冬だったら、外回りのとき、通常の靴下の上から、さらに厚い防寒用の靴下をはき、コートを着て、その上から湯たんぽ代わりに、お湯の入った水筒を腰に巻いて出かける。

 このとき、必ず確認しておかなければいけないことがある。

 暗号だ。

 見回りをする際は、見張り番として立っている人間同士で、暗号を言い合う。

「88番 カン・ユンソン。今日の暗号は?」と問われたときに、すかさず答えなければならない。このとき、低く攻撃的な声を発しなくちゃいけない。3度問いかけて答えが出てこなければ、「撃ちます」と言って、即座に発砲するように僕らは教育されている。

 暗号は毎日決まった時間に変わり、師団にいる兵士たちに告げられる。それも公に発表するわけでなく、秘ひ密みつ裡りに行われる。ある場所に表示された暗号が、順次伝達されていく。これをどこかに書き記すことは許されず、頭の中で覚える。

 緊急時に最初に行うのは、表示された暗号を消すことだとも教えられた。

 暗号の多くは、たとえば「ラーメン」と言えば「魚」と答える……というように名詞だったりするけれど、そのふたつには関連性がまったくないし、毎日変わるから混乱しそうだ。けれど、暗号が言えなければ命を失うという危機感と緊張感があるせいか、「暗号が言えない」という事態は聞いたことがなかった。

 今まで、こんなふうに死を感じたことはなかった。国を守るということは、死も近くにあるのだ。僕らは軍での生活を重ねながら、身をもって知っていくことになる。


*  *  *

次回は「第1話-9 愛する人たちを守るために戦うことの意味を知れたこと。」を10月17日(土)に公開します。お楽しみに!

★がついた記事は無料会員限定

直筆サイン入りチェキプレゼント

Kさんから直筆サイン入りチェキをいただきました!幻冬舎plusの無料会員様の中から、抽選で5名様にプレゼントいたします。奮ってご応募ください。

※応募締切は10月29日(木)23:59です
※幻冬舎plusの無料会員の方のみご応募いただけます。まだ会員でない方も、こちらから無料の会員登録をしていただくとプレゼントに応募ができます。
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。当選者への賞品発送は12月上旬を予定しています
※ご応募は、お一人様一回限りとさせていただきます。
※賞品の送付先・提供先は、日本国内に限らせていただきます。
※賞品の換金・譲渡はできません。

 

関連書籍

K『幸せを数える。』
→電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 0万部突破のメガヒットへと導いた天才クリエイターが語る
  • 胸に迫る、慟哭必至の医療ミステリ。
  • 読む者すべての胸を打ち、揺さぶる衝撃のミステリ!
  • 最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
  • これは日本の悲劇でもある。
  • 今度こそ話せるようになる、すべての英語を学びたい人へのバイブル!
  • 清々しく満ち足りた幸せを手にするための、心の持ち方、暮らし方。
  • 実家に久しぶりに帰った姉が、引きこもり中の弟に大事な相談を持ちかける
  • 美人かどうかは目元で決まる。
  • 自然の力とバリの魅力に満ちた心あたたまる物語。
これは日本の悲劇でもある。
最新脳研究でわかった「疲れない人間関係」のつくりかた
電子オリジナル書籍レーベル“幻冬舎plus+”
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!