毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.10.07

面倒くさいを楽しめれば、
人生もっと楽しい

中西 哲生

面倒くさいを楽しめれば、<br />人生もっと楽しい

今年もあと3カ月を切りました。ここから年末までは本当に早そう。京都→横浜→新富士→宮崎→四日市→和歌山→久留米→山形→北九州→相模原→釧路→北見→名古屋→帯広→栃木→茨城→宮城…… もうこの辺りにしとこ(笑)。イベントの秋なので全国各地から仕事を頂いていて、とにかく移動移動の日々です。そんな移動も楽しみながら過ごしたいと思うんですが、最近気づいたことは、好きと面倒くさいは表裏一体だということ。ボクはサッカーが好きだし、新幹線や飛行機などの乗り物に乗るのも好きなんですが、サッカーや乗り物に乗ることが嫌いなひとにとっては、サッカーやるのも教えるのも、移動するのも面倒くさい…… つまり面倒くさいを楽しめれば、人生もっと楽しいし、有意義になるはず。ここからの人生は、面倒くさいと感じたら、その瞬間から面倒くさいを楽しんで生きます(←決意表明)。

 

移動その①は京都。秋の京都は最高です。紅葉も食事も青い空も。
 
 

やってきた理由は母校、同志社大学サッカー部の関西学生リーグ後期開幕戦。1部昇格を目指して戦っています。今年から24年ぶりにテクニカルダイレクターに就任して、ベンチに座らせて頂いてます。今のところ首位。1部昇格に少しでも貢献できるよう、学生と一緒に戦っていきます。

 

少し時間があったので京都の奥座敷、貴船神社へ。いやー、良かったです。

 

そして隣にある総本山鞍馬寺。鞍馬山ケーブルが改修工事のため歩いて登ることに。まあまあ疲れました(笑)。眺めは最高。

 

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人の“ハル”が、あの3月11日、東京で出会った——。
  • 希望が芽吹く傑作長編
  • 「上から目線」の憲法を、思わず笑い転げそうになる口語訳にしてみました。
  • 数字の苦手な人でも飛躍的な成果を上げられるノウハウを開陳!
  • 矢三郎の「阿呆の血」が騒ぐ!
  • 麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
  • 「いっそ、二人で殺そうか。あんたの旦那」
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • あの子は、私の子だ。 血の繋がりなんて、 なんだというのだろう。
麻生幾、浦賀和宏、小路幸也らによる書き下ろしミステリー小説が100円で発売!
希望が芽吹く傑作長編
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!