毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.10.13

「この島で死ぬのも悪くない」男の謎の死を追いかけて in 中之島【番外編】

幻冬舎 編集部

「この島で死ぬのも悪くない」男の謎の死を追いかけて in 中之島【番外編】<br />

プレゼント応募期間は終了しました。多数のご応募、ありがとうございました。

(あらすじ)
大阪は中之島の一角に建つ銀星ホテル。そのスイートルームで数年間暮らし続けてきた客人・梨田稔(なしだみのる)が首をくくって死んだ。果たして客人の死は、自殺か、他殺か? 有栖川有栖(ありすがわありす)と火村英生(ひむらひでお)は、被害者の過去を遡り、その死の真相を突きとめるべく奮闘する。

 

 

 

 

物語の舞台となった中之島。死んだ梨田も、その謎を追う有栖川と火村も見た中之島の風景を一挙にたどる番外編。いくつもの橋を渡り、川沿いを歩き、いつもより少し周りを見ながら、人の流れの中を歩くと……そこは『鍵の掛かった男』の世界。時折、聞こえる物語の会話に耳を傾けながらお楽しみください。

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 


 


 

 

 


 

 

 

 


 


 


 

 

★がついた記事は無料会員限定

サイン本プレゼント

有栖川有栖さんの直筆サイン入り『鍵の掛かった男』を抽選で3名様にプレゼントいたします!

※応募締切は10月22日(木)23:59です
※幻冬舎plusの無料会員の方のみご応募いただけます。まだ会員でない方も、こちらから無料の会員登録をしていただくとプレゼントに応募ができます。
※当選者の発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。当選者への賞品発送は11月下旬を予定しています
※ご応募は、お一人様一回限りとさせていただきます。
※賞品の送付先・提供先は、日本国内に限らせていただきます。
※賞品の換金・譲渡はできません。

関連書籍

有栖川有栖『鍵の掛かった男』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!