真山仁さんの作家デビュー10周年を記念したトークイベントが、10月30日(金)19:00より市ヶ谷のコミュニケーションプラザ ドットDNPで開催されます。

→詳細・ご応募はこちら(hontoのサイトへ)

 

イベント概要

真山仁さんの著書、経済エンタテインメント小説『ハゲタカ』シリーズは累計部数200万部を突破し、11月から新章の連載がスタートします。トークイベントでは同シリーズの制作秘話や日本と世界を見続けてきた真山さんが考える日本経済の現状と、今の日本に必要なことについてお話しいただきます。聞き手は、新連載『ハゲタカ5 シンドローム』が掲載される週刊ダイヤモンドの編集長、田中博さんです。

開催日

2015年10月30日(金)19:00開始

共催

講談社、ダイヤモンド社、KADOKAWA、現代書館、幻冬舎、光文社、新潮社、中央公論新社、文藝春秋、PHP研究所

会場

コミュニケーションプラザ ドットDNP 2F イベントゾーン
東京都新宿区市谷田町1-14-1

出演者プロフィール

真山仁(まやま じん)
1962年大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒業。新聞記者、フリーライターを経て、2004(平成16)年に『ハゲタカ』でデビュー。
2007年『ハゲタカ』『ハゲタカII』(『バイアウト』改題)を原作としたNHK土曜ドラマが大きな話題を呼んだ。
他の著作に『マグマ』『ベイジン』『プライド』『コラプティオ』『黙示』『売国』『雨に泣いてる』など多数。
経済、政治、農業、エネルギー、震災など、幅広い社会問題を現代に問う小説を発表している。

→詳細・ご応募はこちら(hontoのサイトへ)

この記事をシェア
この連載のすべての記事を見る

★がついた記事は無料会員限定