毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2015.10.02

第5回

「孤独のグルメ2」で知る食べたいものを誰にも気を使わずに食べる豊かさ

コグマ部長

「孤独のグルメ2」で知る食べたいものを誰にも気を使わずに食べる豊かさ

ひとりでなくてはダメなんだ

 タクシーが止まったのは静かな路地の突き当たりにある小料理屋の前。運転手に「お釣は取っておいて」と言ったあとで、緊張ぎみの部下たちに「おう、ここはオレの店だ。今日は好きなだけ飲んでくれ」なんて言いながら、店へ入る。
 部下は「さすがコグマ部長の行きつけの店ですね〜、雰囲気いいですね」「わ、お通しが美味しい……」てな感じで盛り上がる。そこへしずじずと若女将(かなりの美人ね)登場。「コグマさん、いつもありがとうございます。お料理はいつものでよろしいですか?」とか言ってくれたら最高だ。おしぼり渡しながら目配せしたりして。
「部長、なんかあの女将さんといい雰囲気じゃないですか? えーアヤしい」「おいおい、そんなワケないだろう、ハッハッハ〜」
 ……と、ハイ、ここまですべて妄想。部下に好きなだけ飲んでもらうお金もなければ、そもそも付いてくる部下がいなかった。もちろんいい雰囲気の若女将なんていない。あ、どうしたんだろう。なんだか無性に泣きたくなってきた……。

 でも、ひとりでもいいんだ。いや、ひとりでなくてはダメなんだと思えるようになった。この本に会えたからだ。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
  • 日本人よ、挑戦に身を投げろ!
  • 今まで明かしてこなかった「若さを保つ」ための整体の知恵を惜しげなく公開!
  •  終電族のみなさん、おつかれさまです!
  • 俺はまだ、神に愛されているだろうか?
  • 二人は運命を共にし、男を一人殺すことにした
  • 激動の戦後政治を牽引した田中角栄の、生き様
  • 全五巻構想、大河小説第一弾!!
心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!