毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2013.04.01

連載エッセイ82

塚本邦雄なら初期の
山上たつひこをどう読むか?
「山上たつひこ初期傑作選」全3巻

中条 省平

塚本邦雄なら初期の<br />山上たつひこをどう読むか?<br />「山上たつひこ初期傑作選」全3巻

 前回の時評でいがらしみきおの『羊の木』を取りあげましたが、この作品でいがらしは作画だけをおこなっています。原作の担当、つまり物語を考えだし、脚本に仕立てたのは、山上たつひこです。いうまでもなく、山上たつひこは、1980年代の国民的大ヒット『がきデカ』の作者ですが、1990年に一度マンガ家としての筆を折りました。
 いまでもまれにマンガ作品を発表することがありますが、基本的に小説家に転向したといっていいでしょう。ですから、山上たつひこの新作マンガの発表は現在ほとんど期待できないのですが、最近「山上たつひこ初期傑作選」と銘打って充実した選集が小学館から出版され、この2月に完結しました。ここには、かつてよほど熱心だったファンでもめったに見たことのない作品が全3巻、約1000ページにわたって集成されています。これは見逃せない事件というべきなので、今回はこの選集をもとに山上たつひこのマンガを取りあげることにします。
 1巻目は『やってきた悪夢たち』と題され、1967年から69年にかけて描かれた、主にSF的な趣向の作品を集めています。幻覚を具現化する薬、ロボットが管理する地下牢獄、蛙や蛇や鳥による地球支配、増えすぎて処理が不可能になった人間の排泄物の問題、異星の動物の奇妙な生態、料理をするロボットの変調、未来版切り裂きジャックの連続殺人、顔の完全整形をめぐるポリティカル・ミステリーなど、題材、話法ともにそれぞれ工夫が凝らされ、この時代の意欲的な作家やマンガ家にとって、SF的アイデアが豊かな想像力の源泉になっていたことがよく分かります。
 とはいえ、どのマンガも結末に意外なオチを仕掛けた娯楽作品として描かれているので、物語の着地点はわりあいと簡単に予測ができてしまいます。また、物語の着想や話のひねり方はいま読むといささか物足りないところもあります。
 しかし、そのことをもっとも鋭敏に感じていたのは、作者の山上たつひこ自身でしょう。その証拠に、第1巻『やってきた悪夢たち』の巻末の「あとがき──タッチの迷宮」には、こんな言葉が記されています。
「この短編集に収録した作品はぼくのデビュー後三年ほどの間に発表したものである。/絵柄の安定しない『自分の絵を好きになれない漫画家』時代の作品群である。自分で嫌なものを人様に届けるのは気が引けないでもないが、ギャグ漫画家の迷走ぶりをコマの合間に見物し、前車の轍とうなずきつつ頁を繰るのも漫画の読み方として一つの趣向ではないかと思い当たり、自分を慰めることにした」

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中条省平『マンガの論点』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

10年前すでに戦争とテロと格差社会を描いていたマンガは、つねに世相の3歩先を映し出す予言の書である。そしてその後、何を予言し的中させてきたか。マンガを論じるとは、まさにこれを読み解くことでもある。『デスノート』『ソラニン』『すーちゃん』『へうげもの』『闇金ウシジマくん』『20世紀少年』『この世界の片隅に』『JIN-仁-』『PLUTO』『鋼の錬金術師』etc.からフランスのマンガBD【ルビ:ベーデー】まで、この10年間の数百冊を取り上げ、読み方のヒントを明示し、現代日本そのものを読み解く。


中条省平『マンガの教養』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

マンガなど読んでいてはバカになる―そう嘆く世の風潮を激しく批判し、マンガと劇画を擁護した三島由紀夫は、かつてこう説いた。「若者は、劇画や漫画に飽きたのちも、これらを忘れず、突拍子もない教養を開拓してほしい。貸本屋的な鋭い荒々しい教養を」と。そして今、大学中心の教養主義が崩壊し、かつて「反」の象徴だったマンガが教養として語られる時代となった。ギャグから青春、恋愛、歴史、怪奇、SFまで豊饒たるマンガの沃野へ踏み出す第一歩のための、最適な傑作100冊とその読み方ガイド。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
朝礼ざんまい詳細・購入ページへ(Amazon)
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!