毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2015.09.28

第24回 

「ティモテ姉さん」
…舶来と長髪から生まれた憧れ。

壇蜜

「ティモテ姉さん」<br />…舶来と長髪から生まれた憧れ。

「どうして髪長いんですか?」「いつから伸ばしていますか?」など髪型に対する質問はよくいただきます。幼少期は、長い髪に憧れても親が「結うの大変」と言ってショートヘアーを好んでいましたし、学生になり、伸ばそうとするものの染めたりパーマをかけたりと「加工」に余念がなく、セミロングどまりでした。

 実際誰が見てもロングヘアーとなったのは20代半ばをすぎた頃から……もうすぐ10年といったところでしょうか。黒髪の始まりは、当時の美容院へ行けない程の財政難、長さは恋人の好みと、あまり誇れるものでも無いですが……。

 そんな34年間でも「長い髪って素敵だなぁ」と思い始めたのはかなり小さい頃からでした。30代以上の女性には懐かしい「あのCM」が憧れの始まりでした。草原や花畑で美しい女性が金髪ロングヘアーをなびかせ、商品の名前をひたすら連呼し、バックミュージックと詳しい商品説明に合わせてたおやかに髪を洗い、ブラッシングを施し恋人らしき男性と軽めにいちゃつくあの映像……動画サイトや懐かしのCM番組等で見る度、「あー、懐かしい」と言ってしまいます。

 流れる映像に、よく知られている日常は存在しない……つまり、新近感とは真逆に存在する「異国の美しさ」で購買意欲を刺激するとは、斬新な提案だったのでしょう……私は見事に魅了されましたが。「アレで頭洗ったらあの姉さんみたいになれるの……?」と本気で思わせる何かを感じたのです。

 今でも長い髪を乾かしたり手入れするとき、さらさらに仕上がると「おお……あの時のCMっぽい」と思い出す事もあります。相変わらずの日本人顔ですが。
 

【今月、壇蜜が気になったモノ】

撮影/壇蜜

実家のギャングたち。鳩を見つけては作戦会議をしているようです。座敷猫姉妹には祖母も母も手を焼いています。

 

 


出典:『GINGER』2015年4月号より 

 

★がついた記事は無料会員限定

雑誌『GINGER』について

定期購読はこちら

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

謙太郎2015.10.10

●モテー♪ ティ●テー♪ですよね? 懐かしい!! たしかに異世界へ連れていかれるような夢のようなCMでのシーン。 あのシャンプー使えばあんなロングでもサラサラヘアーに…と期待広がります^ ^ 壇蜜さんも綺麗な黒髪ロングの代表選手では?!

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!