毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2013.05.01

連載エッセイ83

2つのロング・インタビュー 
近藤ようこ『戦争と一人の女』、
浅野いにお『うみべの女の子』

中条 省平

2つのロング・インタビュー <br />近藤ようこ『戦争と一人の女』、<br />浅野いにお『うみべの女の子』

  日本のマンガには批評の場がほとんどありません。個々にマンガ評論家として立派な著作を出している人はかなりいますし、2001年に日本マンガ学会ができて以来、大学でマンガの講義や研究をおこなったり、その成果を論文として発表する人もずいぶん出てきました。また、インターネット上の個人のブログで発言する人のなかには、「漫棚通信」さんのように高度な啓蒙的批評活動をおこなっている人もいます。
 しかし、マンガファンとしての単純な讃辞や批判ではなく、ある程度の学芸的見識をもった言説によるマンガ批評がひとところに集まったり、相互に刺激しあったりする場がほとんどないのです。むかしならば、芸術や表現の各ジャンルにはかならずその表現領域の柱となるような批評誌が存在し、プロの書き手たちが評論を発表していました。いまでも、文学や映画や美術や音楽や演劇などには、少数ですがそうした批評誌が存在しています。けれどもマンガにはそうしたジャンル全体を捉えるような批評誌がありません。
 その代わり、マンガ批評へのファンの渇を癒すようなかたちでときどき出現するのが、マンガ家へのインタビューです。例えば、最近では、「アックス」(青林工藝舎、第90号)と「マンガ・エロティクス・エフ」(太田出版、第79号)というマンガ誌が、それぞれ「特集 近藤ようこ」および「特集 浅野いにお」を組み、特集の目玉となったのは、そのマンガ家たちへのロング・インタビューでした。ともに日本有数のすぐれたマンガ家であり、特集で取りあげられた二人の最新作は、正面からセックスを扱うマンガです。今回の本時評では、近藤ようこと浅野いにおを取りあげることにします。
 近藤ようこの新作は『戦争と一人の女』(青林工藝舎)です。これは坂口安吾が1946~7年に発表した「戦争と一人の女」「続戦争と一人の女」「私は海をだきしめていたい」の3作をまとめて原作とするもので、6、7年かけた描き下ろしというところに作者の息の長い、濃密な執筆意欲が感じられます。
 私もむかし安吾のこの3作を読んだ記憶はあるのですが、近藤ようこが『戦争と一人の女』をマンガにしたいと思ったきっかけは、2001年に講談社文芸文庫から『戦後短篇小説再発見』(第一期全10巻)のシリーズが出て、その第2巻『性の根源へ』に「戦争と一人の女」の無削除版が収録されたことでした。私がかつて読んだ版は、アメリカ進駐軍総司令部によって、戦争讃美と思われる文章が削除されたものだったのです。一見、戦争讃美と思えるような奇妙に屈折した、「いかにも安吾らしいマジカルな言葉」(「あとがき」)に魅了されて、近藤ようこはマンガ化を決意したわけです。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

中条省平『マンガの論点』
→書籍の購入はこちら(Amazon)

10年前すでに戦争とテロと格差社会を描いていたマンガは、つねに世相の3歩先を映し出す予言の書である。そしてその後、何を予言し的中させてきたか。マンガを論じるとは、まさにこれを読み解くことでもある。『デスノート』『ソラニン』『すーちゃん』『へうげもの』『闇金ウシジマくん』『20世紀少年』『この世界の片隅に』『JIN-仁-』『PLUTO』『鋼の錬金術師』etc.からフランスのマンガBD【ルビ:ベーデー】まで、この10年間の数百冊を取り上げ、読み方のヒントを明示し、現代日本そのものを読み解く。


中条省平『マンガの教養』
→試し読み・電子書籍はこちら
→書籍の購入はこちら(Amazon)

マンガなど読んでいてはバカになる―そう嘆く世の風潮を激しく批判し、マンガと劇画を擁護した三島由紀夫は、かつてこう説いた。「若者は、劇画や漫画に飽きたのちも、これらを忘れず、突拍子もない教養を開拓してほしい。貸本屋的な鋭い荒々しい教養を」と。そして今、大学中心の教養主義が崩壊し、かつて「反」の象徴だったマンガが教養として語られる時代となった。ギャグから青春、恋愛、歴史、怪奇、SFまで豊饒たるマンガの沃野へ踏み出す第一歩のための、最適な傑作100冊とその読み方ガイド。

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

おすすめの商品
  • ピクシブ文芸、はじまりました!
  • 文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
  • 無理しないけど、諦めない、自分の磨き方
  • 時短、シンプル、ナチュラルでハッピーになれる!
  • ビジネスパーソンのためのマーケティング・バイブル。
  • 有名料理ブロガー4名が同じテーマでお弁当を競作!
  • ドラマこそ、今を映すジャーナリズム!
  • 砂の塔 ~知りすぎた隣人[上]
  • 小林賢太郎作品一挙電子化!
  • あなたがたった一人のヒーローになるためには?
文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞受賞作!
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!