毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

★がついた記事は無料会員限定

2013.11.12

第0回

はじめに ―― 娘に語る数学 

大栗 博司

はじめに ―― 娘に語る数学 

 君が生まれたとき、君には幸せな人生を送るとともに、この社会の進歩に貢献できる人になってほしいと思った。現代の社会にはいろいろな問題があるが、僕は自分たちが人類の歴史の中で一番素晴らしい時代に生きていると思っている。自分の子供がこの世界の最良のものを享受することは、親なら誰しも望むことだ。だけど、それだけじゃない。この社会は、人類が知恵と努力で作り上げてきたものだ。それを楽しむだけでなく、さらによいものにして、未来の世代に受け継いでいってほしいと思う。

 21世紀は不確実な世界だといわれる。国際社会のルールもどんどん変わっている。中国には13億人、インドにも12億人の人々がいる。その多くが高等教育を受け、知識産業に従事するようになったら、世界は大きく様変わりするだろう。こういう話をすると、日本や米国のような先進国の若者の将来が脅かされると考える人もいるが、僕はそうは思わない。発展途上国にいる何十億もの人々がよい教育を受ける機会を持てば、現代社会の様々な問題を解決するための新しいアイデアも次々に生まれてくるだろう。世界全体の教育レベルが上がれば、分配すべきパイも大きくなる。これは21世紀に生きる君にとって、チャレンジであるとともに、大きなチャンスでもあると思う。

 このように変わりつつある世界で必要とされるのが、自分の頭で考えることのできる能力だ。欧米の大学教育には「リベラル・アーツ」という伝統がある。これは古代ギリシアやローマの時代に始まったもので、リベラルとは本来自由、つまり奴隷ではないという意味だ。つまり、リベラル・アートとは、自らの意思で運命を切り開いていくことが許される自由人の教養のことだったんだ。指導者になるためには、想定外の問題に直面したときに、自分の頭で考えて解決する能力を鍛えておかなければいけないというわけだ。

 古代ローマではリベラル・アーツは、「論理」、「文法」、「修辞」、「音楽」、「天文」、そして「算術」と「幾何」の7つの部門からなっていた。最初の3つは、説得力のある言葉で語るための技術だ。考えというのは言葉にしてはじめて形になるのだから、しっかりした言葉で語れることは、自分で考える能力をつけるためにも必須だ。

 このなかに、「算術」と「幾何」という数学の分野が入っているのが面白いと思う。言葉を扱う文学や外国語は文化系科目、数学は理科系科目とされるが、僕は数学の勉強は言葉を学ぶようなものだと思っている。数学とは、英語や日本語では表すことができないくらいに、物事を正確に表現するために作られた言語だ。だから、数学がわかると、これまで言えなかったことが言える、これまで見えなかったことが見える、これまで考えたこともなかったことが考えられるようになる。

 僕は小学校の時には算数がそれほど好きではなかったけれど、中学になってからは数学が楽しいと思うようになった。そのきっかけは、「自分の頭で考える快感」がわかったことだった。数学の問題を正しく解いたときは、答はそれしかなく、それ以外にはない。学校で解き方を習っていない問題を、自力で解いたときの喜びはとりわけ大きい。そして、その答が正しいかどうかも、先生に尋ねなくても、自分で判断できる。赤ちゃんが自分の足で歩けるようになったときのように、新しい力が授けれられ、世界が広がったと感じたのを覚えている。君にもその喜びをわかってほしいと思う。

 この連載では、21世紀に有意義な人生を送るのに必要な数学について話そう。もちろん、数学をきちんと体系的に勉強するためには、学校の教科書を使うのが一番いい。数学は言語だと言ったけれど、たとえば数学をフランス語にたとえると、この連載では、文法を一から勉強する教科書ではなく、フランス旅行のための実践的な会話集のようなものを書いてみようと思う。パリのレストランに行ってフランス語で注文してみる。もう少し欲を出すと、ギャルソンが「本日のお勧め」を説明したときに、どんなものか見当をつけて、注文すべきかどうか判断できるようにしたい。また、ときにはルーブル博物館に行き、過去の偉大な作品に触れることで魂を豊かにしよう。この連載でも、数学の実践的な応用とともに、古代バビロニアやギリシアの時代から育まれてきた数学の素晴らしさを語りたいと思う。

 僕は数学者ではない。1989年に東京大学から物理学の博士号を授与され、5年後にカリフォルニア大学バークレイ校の教授になったときにも、また2000年にカリフォルニア工科大学に移籍したときにも、物理学教室に所属してきた。ところが2010年になって、数学教室の先生方が、僕に数学教授を併任するよう勧めてくれた。僕は「名の残る定理を証明してもいないのに」と言って辞退したのだが、「定理の証明だけが数学に貢献する仕方ではない。あなたの研究は数学に新しい問題を提示して、その発展を触発している」と言われて、受けることにした。実際、僕の名前のついた数学の予想というものがあって、そのいくつかは数学者によってきちんと証明されている。そのようなわけで、僕は定理を証明する数学者ではないが、数学の使い手としては認められている。この連載で語るのも、使い手の立場から見た数学だ。では、最初の話をはじめよう。

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

大栗博司『数学の言葉で世界を見たら』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


大栗博司『強い力と弱い力』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)


大栗博司『重力とは何か』

→試し読み・電子書籍はこちら

→書籍の購入はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

No Name2014.5.25

このような数学の解説には,なぜギリシアからはじめるのかな?これは単に歴史的に日本に数学が明治維新によって西洋の数学が導入され,日本の数学が排除された結果でしょう.

おすすめの商品
  • やる気を出させて「続ける」コツは脳をだますこと!
  • 検索ワードを裏切れ!東浩紀の挑発的人生論。
  • 「隠蔽捜査」と並ぶ傑作警察小説シリーズ、待望の新章開幕!
  • ときどき悔やむ。ときどき寂しい。
  • 「Xデイ」はいつ訪れるのか。
  • 生きづらさを抱えたすべての人に贈る!
  • 最注目の作家・月村了衛が描く、男たちの絆と献身。
  • 全人類の存在意義を揺るがす大巨編ミステリー
  • 阿刀田高作品一挙電子化!
  • 「要は、やるかやらないか」
 生きづらさを抱えたすべての人に贈る!
津本陽作品一挙電子化!!
今だけ!プレゼント情報
イベント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!