毎日を1%ずつ新しく生きる! 刺激と感動のマガジン&ストア

3月30日(木)14時~20時にシステムメンテナンスを行います

★がついた記事は無料会員限定

2015.09.15

ワイロ、ピロシキ、ウクライナ

イシコ

ワイロ、ピロシキ、ウクライナ

暗殺の値段

 ロシアで、ワイロの渡し方を教わったことがある。教えてくれたのはロシア人ではなく日本人男性だった。ホテルのバーでビールを飲んでいたら声をかけられたのである。

 「わぁ。嬉しいなぁ。日本に近い国なのに、なかなか日本人に会えないんですよ」

 彼は日本の某会社のウラジオストック支社に勤めていると自己紹介した後、隣に座って一緒に飲み始めた。

 「簡単に言えば左遷ですよ。家族も一年いただけで、冬の寒さが耐えられないと言って日本へ逃げ帰っちゃいました」

 ケタケタ笑いながら言う。

 「これだけいると、ワイロが当たり前になるんですよねぇ」

 どこまで冗談なのか判断がつかない。相槌に困り、笑って聞き流すしかなかった。しばらくするとバーに警察官が入ってきた。

ログイン

ここから先は会員限定のコンテンツ・サービスとなっております。

無料の会員登録で幻冬舎plusを更に楽しむ!会員特典をもっと見る

会員限定記事が読める

バックナンバーが読める

電子書籍が買える

イベントに参加できる

★がついた記事は無料会員限定

関連書籍

イシコ『世界一周ひとりメシ in JAPAN』
電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)


イシコ『世界一周ひとりメシ』
電子書籍はこちら
豪華無料立ち読み版電子書籍はこちら

書籍はこちら(Amazon)

記事へのコメント コメントする

コメントを書く

コメントの書き込みは、会員登録とログインをされてからご利用ください

この記事を読んだ人にはこんな記事もおすすめです
  • 我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
  • 過去最大ボリュームでお届けする、著者渾身の一作!
  • 夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。
  • 新聞にこそ、世の中の仕組みが詰まっているのです!
  • 爆笑、号泣。こんな猫本ずるすぎる! !
  • このまま足踏みはしていられない――。
  • “イヤミスの女王”との呼び声高い真梨幸子の作品はこちら
  • ひたむきにあがき続ける女性を描いた、胸が締め付けられる短編集
  • 心に「ない」を抱える人々を痛いほど繊細に描いた代表作
  • 愛する父母との最後を過ごした“すばらしい日々”
我欲にまみれた20兆円産業の闇を突く。
ピクシブ文芸、はじまりました!
エキサイトeブックス
今だけ!プレゼント情報
かけこみ人生相談 お悩み募集中!